FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBOのDigilent Linux KernelにARMhfのRoot File Systemsを入れる2( Debian Wheezy 7.5)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBOのDigilent Linux KernelにARMhfのRoot File Systemsを入れる2( Debian Wheezy 7.5)

ZYBOのDigilent Linux Kernel にARMhfのRoot File Systemsを入れる”で、ZYBOのDigilent Linux KernelにARMhfのRoot File Systemsを入れてみたが、Ubuntu14.04 LTSのRoot File Systems も Debian Wheezy 7.5のRoot File Systems も立ち上がらないと思った。

今回、もう一度、 Debian Wheezy 7.5 のRoot File Systems を MicroSDカードの2nd パーティションに入れて、1st パーティションは、Digilent Linux Kernel, BOOT.bin, devicetree.dtb を入れた。
ブートしてみると、シリアルポート接続のTrea Termは、sshd でやはり止まった。
ZYBO_ARMhf_12_150131.png

しかし、DHCPで IP は取れている。現在は192.168.3.2 だ。

このIP を使用して、Tera Term で SSH 接続した。
ZYBO_ARMhf_13_150131.png

IDは debian パスワードも debian でログインできた。
ZYBO_ARMhf_14_150131.png

df コマンドを実行すると、5% ほど使用している。
ZYBO_ARMhf_15_150131.png

top コマンドを実行すると、52 KB ほどメモリを使用している。Linaro Ubuntu の 1/3 程度だが、デーモン(って今言わないのかな?)が動いていないせいもあるはず。。。
ZYBO_ARMhf_16_150131.png

sudo コマンドはエラーで実行できない。
ZYBO_ARMhf_17_150131.png

root でログインしようとしてもログインできない。”Ubuntu 12.04 LTS armhf preinstalled root password”によると、root のログインはデフォルトで禁止されているそうだ。確かに、/etc/shadow の最初の1行に

”root:*:15835:0:99999:7:::”

と書いてあった。
2.3 シャドウファイル /etc/shadow の構造”によると、第2フィールドが * だとログイン出来ないそうだ。* を消せばよいのだが、これはそのままにして、sudo コマンドを動作させるには、 chmod 4755 /usr/bin/sudo を実行すればよいのだが、これは root 権限で実装するしか無い。
そこで、パソコンのUbuntu 14.04 LTS で MicroSDカードをマウントして、そこで chmod コマンドを実行した。
ZYBO_ARMhf_18_150131.png

もう一度、MicroSDカードをZYBOに入れて、電源をONした。

SSHでログインして、sudo apt-get update を実行したら動作した。因みに、これは2度目で1度目は debian のパスワード (debian) を入力した。
ZYBO_ARMhf_19_150131.png

date コマンドを実行したら、時刻はあっているようだったが、タイムゾーンがUTC だった。
ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime で、タイムゾーンを JST に変更した。
ZYBO_ARMhf_20_150131.png

sudo apt-get upgrade で既存のモジュールをアップデートした。

sudo apt-get insall gedit で gedit をインストールして、gedit を立ちあげたが、Xが立ち上がらなかった。

原因は、/home/debian のオーナーとグループが root だったことだ。
cd /home
sudo chown -R -f debian:debian debian

で、オーナーとグループが debian になった。
ZYBO_ARMhf_21_150131.png

logout して、もう一度、SSHで debian ユーザーでログインすると、.Xauthority が作られていた。
ZYBO_ARMhf_22_150131.png

gedit コマンドで、gedit を起動すると、今度は起動した。
ZYBO_ARMhf_23_150131.png

top コマンドを起動すると、77 KB 位だった。やはり、少し増えている。
ZYBO_ARMhf_24_150131.png

ZYBOで Debian Wheezy 7.5 も使うことができるようになった。
  1. 2015年01月31日 11:38 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3061-e41dcfd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)