FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBOのDigilent Linux KernelにARMhfのRoot File Systemsを入れる3(Ubuntu Trusty 14.04 LTS)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBOのDigilent Linux KernelにARMhfのRoot File Systemsを入れる3(Ubuntu Trusty 14.04 LTS)

ZYBOのDigilent Linux KernelにARMhfのRoot File Systemsを入れる2( Debian Wheezy 7.5)”の続き。

今回、もう一度、 Ubuntu Trusty 14.04 LTS のRoot File Systems を MicroSDカードの2nd パーティションにコピーして、1st パーティションは、Digilent Linux Kernel, BOOT.bin, devicetree.dtb をコピーした。
パソコンのVirtualBox上にインストールしたUbuntu 14.04 LTS で MicroSDカードにコピーをしたのだが、その際に ROOT_FS の /usr/bin/sudo に 4755 のパーティションを与えた。
sudo chmod 4755 /media/masaaki/ROOT_FS/usr/bin/sudo

MicroSDカードのマウントを外して、ZYBO に挿入して電源をONした。
すると、やはり、”* Starting OpenSSH server”まで進んだが、ここで停止してしまった。
ZYBO_ARMhf_11_150125.png

Debian と違って、所得したIPアドレスがわからない。適当に割り当てられていそうなIPアドレスを指定したら当たっていてログインできた。(ログイン名は ubuntu 、パスワードも ubuntu だった)
DHCPで割り当てられたIPアドレスがわからないと困る。そこで、/etc/rc.local に ifconfig コマンドを書くことにした。
sudo vi /etc/rc.local
ZYBO_ARMhf_26_150131.png

リブートする前に、ubuntu ユーザーのディレクトリのパーミッションを変更した。
cd /home
sudo chown -R -f ubuntu:ubuntu ubuntu


ここで、 sudo reboot コマンドで、リブートした。

起動すると、rc.local に書いた ifconfig コマンドが起動して、割り振られたIPアドレスが見えた。
ZYBO_ARMhf_27_150131.png

やった~。これでIPアドレスが分からないという問題が解消した。

次に、date コマンドを実行したら、例によって UTC だったので、
sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime で、タイムゾーンを JST に変更した。
ZYBO_ARMhf_25_150131.png

sudo apt-get install gedit で gedit をインストールした。相当時間がかかった。

sudo apt-get install nautilus で、Ubuntu のファイルマネージャーをインストールした。
nautilus & コマンドで起動した。
ZYBO_ARMhf_28_150131.png

一旦、sudo reboot して、SSHでログインして、top コマンドで使用メモリを確認したところ、59KB 程度だった。案外、メモリを消費していない。
ZYBO_ARMhf_29_150131.png

df をすると、MicroSDカードの容量の 13% を消費しているのが分かった。
ZYBO_ARMhf_30_150131.png
  1. 2015年01月31日 21:03 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

表示が止まってしまう件

最近、ZYBOを購入してさわり始めている所ですが、marsee様のBlogが大変参考になり助かっております。
参考にするだけだと悪いので、お役に立てればとシリアル出力が止まってしまう件の解決法をお知らせ致します。

>”* Starting OpenSSH server”まで進んだが、ここで停止してしまった。
とありますが、これはシリアルポートに対してちゃんとgettyが起動する様になっていない為、ログインプロンプトが表示されないだけですので、
以下のファイルの
>/etc/init/serial.conf
以下の行を
>exec /sbin/getty 115200 ttyO0
以下の様に書き換えると、
>exec /sbin/getty -8 115200 ttyPS0
以下の様な感じでログインプロンプトが表示されます。
* Stopping System V runlevel compatibility [ OK ]
* Starting OpenSSH server [ OK ]
* Stopping save kernel messages [ OK ]

Ubuntu 14.04 LTS ubuntu-armhf ttyPS0

ubuntu-armhf login:

debianの方は見ていませんが同様の修正で直ると思います。
  1. 2015/04/10(金) 00:09:35 |
  2. URL |
  3. ひろっぴー #-
  4. [ 編集 ]

ひろっぴーさん、ありがとうございました。

今はVivado HLSやっているので、後で試してみます。
  1. 2015/04/10(金) 05:45:24 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3062-f96502cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)