FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする3(IP Catalog にVivado HLSのIPを追加)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする3(IP Catalog にVivado HLSのIPを追加)

Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする2”で、以前からやっているラプラシアンフィルタを Vivado HLS 2014.4 でIP化できた。途中、AXI4バスを生成するディレクティブが変更になっていて戸惑ったが、IP化することができたので、”ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する11(Linuxで確認)”でできたZYBOでカメラ画像を表示するVivado プロジェクトを Vivado 2014.4 にアップデートして、今回作製したVivado HLS 2014.4 のラプラシアンフィルタIPを追加することにした。

最初に、、”ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する11(Linuxで確認)”のブロジェクトを Vivado 2014.4 にアップデートする。

・最初に、V_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトを Vivado 2014.4 で立ちあげて、IPのアップグレードを行った。

・IPのアップグレードはXilinx のIP だけなので、自分で作製したカスタムIPは自動的にアップグレードしてもらえない。

・カスタムIPのアップグレードの手順を示す。
・カメラ・インターフェースIPの mt9d111_inf_axi_master_0 をアップグレードする。

・ブロック・デザインで、mt9d111_inf_axi_master_0 を右クリックして、右クリックメニューから Edit in IP Packager を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_19_150208.png

・Edit in IP Packager の確認ダイアログが出るので、OKボタンをクリックする。
Vivado_HLS_lap_filter_20_150208.png

・mt9d111_inf_axi_master_v1_0_project ブロジェクトが立ち上がった。

・最初に使用しているFIFO のバージョンが古いので、アップグレードを行った。pixel_fifo を右クリックして、右クリックメニューからUpgrade IP... を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_37_150208.png

・Generate Output Products ダイアログが表示された。Generate ボタンをクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_38_150208.png

・pixel_fifo は無事にアップグレードされた。
Vivado_HLS_lap_filter_39_150208.png

・次に、mt9d111_inf_axi_master_v1_0_project のIPをアップグレードする。

・右側のウインドウの Package IP タブで、Review and Package をクリックして、Re-Package IP ボタンをクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_21_150208.png

・mt9d111_inf_axi_master_v1_0_project が終了して、V_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトに戻った。
・IP Status の Rerun をクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_22_150208.png

・すべてのIP がアップグレードされた。
Vivado_HLS_lap_filter_23_150208.png

・次に、Vivado HLS 2014.4 で生成したラプラシアンフィルタIP をV_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトフォルダ内の hls_lap_filter_axim フォルダにコピーした。
Vivado_HLS_lap_filter_24_150208.png

・Flow Navigator の IP Catalog をクリックした。
・右のウインドウにIP Catalog が出るので、どこでも良いから右クリックして、右クリックメニューから IP Setting... を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_25_150208.png

・Project Settings ダイアログが立ち上がった。右のペインからIP を選択した。
・IP Repositories の + アイコンをクリックして、Vivado HLS 2014.4 で生成したラプラシアンフィルタIP を追加する。
Vivado_HLS_lap_filter_26_150208.png

・IP Repositories ダイアログで、先ほどIPをコピーした hls_lap_filter_axim を選択した。(でも、どうやら、V_ZYBO_CAMDfL143 を選択すると下位のフォルダをすべて探索して見つかったIPを登録してくれるようだ)
Vivado_HLS_lap_filter_27_150208.png

・Project Settings ダイアログに lap_filter_axim_hls が追加された。
Vivado_HLS_lap_filter_28_150208.png

・IP Catalog を見ると lap_filter_axim_hls が追加されているのが見えた。
Vivado_HLS_lap_filter_29_150208.png
  1. 2015年02月09日 05:19 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3069-e108ba41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)