FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする5(BOOT.bin, devicetree.dtb の生成)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする5(BOOT.bin, devicetree.dtb の生成)

Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする4(ブロックデザインにVivado HLSのIPを追加、インプリメント)”の続き。

Vivado HLSで作製したラプラシアンフィルタIPを V_ZYBO_CAMDfLブロックデザイン上にインスタンスして論理合成、インプリメントを行った。今回は、SDKを立ちあげてBOOT.binを作製する。

・Vivado 2014.4 のFile メニューからExprot -> Export Hardware... を選択する。

・Export Hardware ダイアログが表示される。Include bitstream にチェックを入れてOKボタンをクリックする。

・File メニューからLaunch SDK を選択し、SDKを立ち上げる。

・SDKが立ち上がった。すでにFSBL のプロジェクトが作ってある。
Vivado_HLS_lap_filter_47_150213.png

・Project Exploer 上でFSBL を右クリックし、右クリックメニューからCreate Boot Image を選択した。
Vivado_HLS_lap_filter_48_150213.png

・Creater Zynq Boot Image ダイアログが開いた。Create Image ボタンをクリックした。
Vivado_HLS_lap_filter_49_150213.png

・BOOT.bin が再生成された。
Vivado_HLS_lap_filter_50_150213.png

・BOOT.bin を作製することができたので、SDKを閉じた。

次に、Vivado HLSで生成したラプラシアンフィルタIPのAXI4 Slave Lite のアドレスをUIOにマップする。

・VirtualBox 上にインストールしたUbuntu 14.04 LTSに移動して、/home/masaaki/ZYBO/Digilent_Linux_Tutrial ディレクトリに移動した。ここには以前、ZYBO用のLinuxカーネルをビルドしたディレクトリだ。

Vivado HLS で作製したラプラシアンフィルタIP の設定をするために、ラプラシアンフィルタIPのAXI4 Slave Lite のアドレスをUIOにマップするには、device tree を修正する必要がある。ラプラシアンフィルタIPのアドレスを device tree に追加する。

CMOSカメラをZYBO のUbuntuで操作した時の記事を示す。”ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する7(devicetree.dtb)

・drivers_hls_lap_fil ディレクトリを作った。
Vivado_HLS_lap_filter_51_150213.png

・CMOSカメラを接続した時の zynq-zybo.dts を drivers3 ディレクトリから drivers_hls_lap_fil ディレクトリへコピーした。
Vivado_HLS_lap_filter_52_150213.png

・zynq-zybo.dts をダブルクリックして、編集を開始した。

・Address Editor の内容を再度確認すると、lap_filter_axim_0 は 0x43C2_0000 にマップされている。
Vivado_HLS_lap_filter_36_150208.png

・lap_filter_axim_0 を lap_filter_axim_hls としてUIO を使用するように追加した。(2015/02/21 修正: lap_filter_axim_hls を5番目にした。 uio4 、以前のソフトウェアを動作させるためにlap_filter_axim_hls を最後に追加した)
Vivado_HLS_lap_filter_53_150213.png

        bitmap_display_cntrler_axim@43c00000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c00000 0x10000 >;
        };
        mt9d111_inf_axim@0x43c10000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c10000 0x10000 >;
        };
        mt9d111_axi_iic@0x41600000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x41600000 0x10000>;
        };
        frame_buffer_bmdc@0x17800000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x17800000 0x1000000>;
        };
        lap_filter_axim_hls@0x43c20000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c20000 0x10000>;
        };


・zynq-zybo.dts をセーブして閉じた。

・LX Terminal で drivers_hls_lap_fil ディレクトリに入った。

../Linux-Digilent-Dev/scripts/dtc/dtc -I dts -O dtb -o devicetree.dtb zynq-zybo.dts コマンドで、zynq-zybo.dts を dtc でコンパイルして、devicetree.dtb を生成した。
Vivado_HLS_lap_filter_54_150213.png
  1. 2015年02月13日 05:20 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3074-2d9a8fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)