FC2カウンター FPGAの部屋 SDSoC 2015.2 のZYBO用サンプルデザインをやってみる1(File IO Video Processing)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

SDSoC 2015.2 のZYBO用サンプルデザインをやってみる1(File IO Video Processing)

今までやってきた SDSoC のチュートリアルは ZC702 ボード用なので、ZC702 ボードを持っていない私には実機動作ができない。
今回はZYBO用のサンプルデザインをやって、ZYBOで実機動作させてみようと思う。

SDSoC 2015.2 を立ち上げるとワークスペースを聞いてくる。D:\SDSoC\Examples\ZYBOをワークスペースのフォルダとして指定した。

SDSoC 2015.2 が立ち上がった。
Create SDSoC Project をクリックした。
SDSoC_2_150726.png

Target の Platform を zybo にして、OSはデフォルトで Linux が選択されていた。Next > ボタンをクリックした。
SDSoC_50_150801.png

Available Templates から File IO Video Processing を選択して、Finish ボタンをクリックした。
SDSoC_51_150801.png

左端の Project Explorer タブで、Example1 を右クリックし、右クリックメニューから Build Project を選択して、ビルドを行った。SDDebug だった。
SDSoC_52_150801.png

D:\SDSoC\Examples\ZYBO\Example1\SDDebug\sd_card の下のファイルを SDカードにコピーした。
SDSoC_53_150801.png

ZYBO のブートデバイスを SDカードにして電源を投入すると、Linuxが立ち上がって、Tera Termからコマンドプロンプトが見えた。設定は115200 bps, 8 bit, 1 stop bit だった。

/mnt/Example1.elf でソフトウェアを起動してみたが、yuv の画像を要求するようだ。
SDSoC_56_150801.png

ifconfig すると Ether も立ち上がっていたので、もう1つTera Termを立ちあげて、振られたIPに入ってみたらログインできた。IDは root, Passも root だった。
SDSoC_57_150801.png

Linux起動環境が自動的に構築されて、アプリケーションの起動環境も整えてくれるようだ。
  1. 2015年08月01日 05:11 |
  2. SDSoC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3217-190f1aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)