FC2カウンター FPGAの部屋 息子の病状(その後、身体表現性障害の疼痛性障害)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

息子の病状(その後、身体表現性障害の疼痛性障害)

今日も午後3時から午後7時くらいまで息子の病室で付き添いをした。これでもう7月18日から入院してるので3ヶ月以上入院していることになる。
先月末に整形外科病棟から精神科病棟に移動した。身体表現性障害の疼痛性障害なのでしかたない。(つまり心身症)
最近は腰の痛みは大分和らいできたようだが、まだうつ伏せに寝たままだ。本人は痛みが和らいできたことを認めたくないみたいだが、顔の表情や痛みがあるときの様子が大分楽になってきたのが見て取れる。
精神科病棟に移動してから、規則を厳しくしたので、(つまり9時にはゲームを止めて静かに寝ろといわれたり、食事の時はゲーム禁止といわれたり。)と言ってもごく普通のことなのだが、今までやり放題だったので、いらいらしてしまうようだ。
そういうわけで食事もハンガーストライキなのか?家族がいない夕食以外は食べない時が多くなっていた。しかし、最近は看護士さんからも食べるようになり、大体、朝昼晩食事が出来るようになり、とてもよかった。
全体的に良くはなって来たのだが本人がそれを認めない。認めたくないような感じだ。何かきっかけがあれば立って歩けるのではと思っているが、なかなか動けないと決めつけていてそうも行かないみたいだ。
精神科のお医者さんと担当看護士さんの次の1手に期待するしかないようだ。それともショック療法で家に無理やりつれて帰ってくるとか?
  1. 2006年10月22日 22:04 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/334-d580632b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)