FC2カウンター FPGAの部屋 ソニーのNeural Network Console をやってみた3
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ソニーのNeural Network Console をやってみた3

ソニーのNeural Network Console をやってみた2”の続き。

ソニーのNeural Network Console がVer. 1.1.0 になったので、やってみた。
zip ファイルを展開してからNeural Network Console を起動した。
Neural_Network_Console_38_171124.png

ENGINEはGPU に設定した。CPU よりも断然速い。GPU はNVidia のGTX1060 を搭載している。

LeNet.sdcproj をやってみた。
Neural_Network_Console_39_171124.png

TRAINING を実行した。
Neural_Network_Console_40_171124.png

EVALUATION を実行した。
Neural_Network_Console_41_171124.png

重みやバイアスの値を見たいので、ACTION をクリックして、Open Result Location をクリックした。
Neural_Network_Console_42_171124.png

F:\NN_console\samples\sample_project\image_recognition\MNIST\LeNet.files\20170804_140639 フォルダが開いた。
Neural_Network_Console_45_171124.png

どうやら parameters.h5 に重みやバイアスが書いてあるらしい?

見るためには、hdfview が必要のようだが、Windows 用はダウンロードできなかった。
そこで、簡単に手に入るUbuntu 用の hdfview を使うことにした。
Fall Creaters Update をWindows 10 にインストールすると、ストアからUbuntu をWindows 10 にインストールすることができる。
Ubuntu をインストールして、

sudo apt update
sudo apt upgrade

を行った。
sudo apt install hdfview
でhdfview をインストールした。
Neural_Network_Console_43_171124.png
Neural_Network_Console_44_171124.png

時間がかかったが、インストールできた。
Neural_Network_Console_46_171124.png

GUI が起動するので、設定を行う必要がある。
Windows 10 fall creators update のWindows Subsystem for Linuxを試してみた
Windows 10 fall creators update のWindows Subsystem for Linuxを試してみた3
を参考にしながらやっていく。

sudo apt-get install x11-apps
を実行した。
Neural_Network_Console_47_171124.png

vi .bashrc
で .bashrc を編集して、

export DISPLAY=:0.0

を追加した。
Neural_Network_Console_48_171124.png

source .bashrc
を実行して、.bashrc の内容を反映させた。
Neural_Network_Console_49_171124.png

日本語表示ができるように、次のコマンドを実行した。
sudo ln -s /mnt/c/Windows/Fonts /usr/share/fonts/WindowsFonts
sudo fc-cache -fv

Neural_Network_Console_50_171124.png

Xming を立ち上げてから、
hdfview
を実行した。
Neural_Network_Console_51_171124.png

GUI で hdfview が立ち上がった。
Neural_Network_Console_52_171124.png

File メニューから open を選んで、F:\NN_console\samples\sample_project\image_recognition\MNIST\LeNet.files\20170804_140639 フォルダの prameters.h5 を選択した。
Neural_Network_Console_53_171124.png

ネットワークの重みやバイアスを見ることができた。
Neural_Network_Console_54_171124.png

表示しているConvolution_2 のW をすべて選択して、Ctrl+C を押して、コピーし、LibreOffice のCalc を起動してCtrl+V をクリックするとコピーすることができた。
Neural_Network_Console_55_171124.png

これで、重みやバイアスをいろいろ加工することができそうだ。
  1. 2017年11月24日 05:31 |
  2. DNN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3983-640454ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)