FC2カウンター FPGAの部屋 Ultra96用Yocto Linuxのビルドの続き3(boot.binの生成、Linux Kernel のビルド)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96用Yocto Linuxのビルドの続き3(boot.binの生成、Linux Kernel のビルド)

Ultra96用Yocto Linuxのビルドの続き2(u-boot.elf と bl32.elf の作成)”の続き。

前回は、u-boot.elf と bl32.elf をビルドした。今回は、boot.bin を生成して、Linux Kernel のビルドした。

なお、ここでやっていることは、石原ひでみさんの「超苦労したFPGAの薄い本」Yocto Project と立ち上げ編を参照しています。

まずは、boot.bin を生成しよう。
bl31.elf, ex_borad_test_wrapper.bit, fsbl.elf, pmufw.elf, u-boot.elf を ~/HDL/Ultra96/build に集めた。
そして、build_bootbin.bif を作成した。
Ultra96_Yocto_41_180916.png

build_bootbin.bif を示す。

the_ROM_image:
{
  [pmufw_image, destination_cpu=a53-0] pmufw.elf
  [bootloader, destination_cpu=a53-0] fsbl.elf
  [destination_device=pl] ex_board_test_wrapper.bit
  [destination_cpu=a53-0, exception_level=el-3] bl31.elf
  [destination_cpu=a53-0, exception_level=el-2] u-boot.elf
}


boot.bin を作成する。
bootgen -arch zynqmp -image build_bootbin.bif -o i boot.bin -w on
Ultra96_Yocto_42_180916.png

boot.bin が生成できた。

次に、Linux Kernel をビルドしよう。
まずは、git clone する。
git clone git://github.com/Xilinx/linux-xlnx -b xilinx-v2018.2
Ultra96_Yocto_43_180916.png

cd linux-xlnx
make xilinx_zynqmp_defconfig

だとエラーになってしまった。
Ultra96_Yocto_44_180916.png

どうも、X86 と誤認識しているようだ。
arm64 にする必要がある。
export ARCH=arm64
export CROSS_COMPILE=aarch64-linux-gnu-
make xilinx_zynqmp_defconfig

Ultra96_Yocto_45_180916.png

今度はうまく行った。

make
Ultra96_Yocto_46_180916.png
Ultra96_Yocto_47_180916.png

make は成功だ。

linux-xlnx/arch/arm64/boot ディレクトリを見ると、Image とImage.gz が出来ていた。
Ultra96_Yocto_48_180916.png

linux-xlnx/arch/arm64/boot/dts/xilinx デイレクトリに zynqmp-zcu100-revC.dtb と zynqmp-zcu100-revC.dts が出来ていた。
Ultra96_Yocto_49_180916.png
  1. 2018年09月17日 05:14 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4300-bcd60c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)