FC2カウンター FPGAの部屋 OWON SDS-1102(オシロスコープ)を買いました
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

OWON SDS-1102(オシロスコープ)を買いました

Ultra96 の低速拡張コネクタPMOD変換基板とカメラの信号変換がうまく行っているのか?を調べるためにアマゾンでOWON SDS-1102(オシロスコープ)を買いました。価格は 29,980円でした。驚くほどの低価格です。これで、100 MHz 2CH とは驚きです。以前の価格の 1/10 じゃないでしょうか?

梱包はこんなのでした。
oscilloscope_1_181118.jpg

中身です。
oscilloscope_2_181118.jpg

校正用の信号を表示しました。プローブの校正をしました。なお、日本語を選択してあります。日本語選べますよ。
この業者から買うと日本語マニュアル無いようですが、私でも英語で問題なさそうです。
そうそう、外部トリガ端子は無いようですが、私はあまり使わない機能なので、要りません。
oscilloscope_3_181118.jpg

CH1 のボタンを押したところ。カップリングやプローブの倍率を選べます。
oscilloscope_3_181118.jpg

Trigger のMenu のボタンを押したところ。Holdoff もありますね。
oscilloscope_5_181118.jpg

これは、Math のボタンを2回押したところかな?
oscilloscope_6_181118.jpg

Autoset ボタンを押すと 1div に収まるようにしてくれるのかな?
oscilloscope_7_181118.jpg

Cursor キーでは電圧や周期をはかることができます。周期を測っているところです。
oscilloscope_8_181118.jpg

Math ボタンを押して、FFT を選択すると信号がFFT されました。
oscilloscope_9_181118.jpg

Measure ボタンを押して、Show から CH1 を選択すると、CH1 の全測定結果が表示されました。
oscilloscope_10_181118.jpg

とってもよいですね。3万円以下とは思えません。
多少、ロータリーつまみの反応が鈍いと思うことがありましたが、頻繁に使うわけでもないので、十分です。十分満足しています。

それから、実際に端子に引っ掛けるために、「テイシン ICテストリード小 50cm TLA115」も買いました。これあるとヘッダの足に引っ掛けるのに便利です。
  1. 2018年11月18日 09:30 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4359-f37bc3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)