FC2カウンター FPGAの部屋 Ultra96 で動作するPetaLinux 2018.2 へSDKリモートデバックを行ったが失敗した
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96 で動作するPetaLinux 2018.2 へSDKリモートデバックを行ったが失敗した

Ultra96 で動作するPetaLinux 2018.2 へSDKリモートデバックを行ったが失敗した。
使用するのは、”Ultra96 のPetaLinux2018.2 でhelloworld アプリケーションを作る(ただし、rootfs を使用)”のシステムだ。

SDKリモートデバックは tcf agent が起動しているXilinx FPGA 上で動作してるLinux システムに、 elf 実行ファイルをホストパソコンから送り込んでリモートデバックを行う。

cam_dp_183 のVivado プロジェクトを示す。
PetaLinux_113_190422.png

ハードウェアをビットストリーム付きでエクスポートして、SDK を起動した。
PetaLinux_114_190422.png

File メニューからNew -> Application project を選択した。

New Project ダイアログが表示された。Project name に helloworld2 と入力した。Next > ボタンをクリックする。
PetaLinux_115_190422.png

New Project ダイアログの Templates で、Linux Hello World を選択されているのを確認して、Finish ボタンをクリックする。
PetaLinux_116_190422.png

helloworld2 プロジェクトが作成され、C ファイルも生成され、自動的にビルドされ elf ファイルもできた。
PetaLinux_117_190422.png

Ultra96 を起動して、 ifconfig を行った。 192.168.3.28 のIP が振られている。
PetaLinux_118_190422.png

helloworld2 ディレクトリを右クリックし、右クリックメニューから Debug As -> Debug Configuration... を選択した。

Debug Configurations ダイアログが表示された。
PetaLinux_119_190422.png

Xilinx C/C++ application (System Debugger) を右クリックし、右クリックメニューから New を選択した。

Xilinx C/C++ application (System Debugger) の下に、System Debugger using Debug_helloworld2.elf on Linux Agent ができた。
Connection の New ボタンをクリックする。
PetaLinux_120_190422.png

Target Connection Details の New Target Connection ダイアログが表示された。
Target Name を Ultra96 に、Set as default target にチェックを入れて、Host に現在のUltra96 上のLinux の IP アドレスを入力した。
PetaLinux_121_190422.png

Test Connection ボタンをクリックすると、Connection successful! が表示されて、成功した。
PetaLinux_122_190422.png

Target Connection Details の New Target Connection ダイアログで、OK ボタンをクリックし、終了した。
PetaLinux_123_190422.png

Debug Configurations ダイアログに戻った。
PetaLinux_124_190422.png

Application タブをクリックした。Romote File Path: を /home/root/helloworld2.elf に変更して、Apply ボタンをクリックした。
PetaLinux_125_190422.png

次にDebug ボタンをクリックした。
PetaLinux_126_190422.png

Debug パースペクティブに変更するというダイアルが出るので、OK ボタンクリックした。
PetaLinux_127_190422.png

SDK がDebug パースペクティブになるが、Disconnedted されてしまう。
PetaLinux_128_190422.png

おかしい?
Ultra96 で見てみると、helloworld2.elf がアップロードされていたのだが。。。
PetaLinux_129_190422.png

ちなみに、
TCF agent を使ってLinaro Ubuntu14.04LTSが動作してるZYBO へパソコンのSDK からリモートデバッグする1
TCF agent を使ってLinaro Ubuntu14.04LTSが動作してるZYBO へパソコンのSDK からリモートデバッグする2
ではうまく行っていたのだが、TCF Agent とSDK のバージョンが合わないのか?
PetaLinux は 2018.2 でVivado のSDK は 2018.3 が影響しているのか?
  1. 2019年04月22日 05:45 |
  2. PetaLinux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4504-93c72997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)