FC2カウンター FPGAの部屋 PACEのエラー回避方法
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PACEのエラー回避方法

ISEのProcessesペインのAssign Package PinsをダブりクリックしてPACEを起動すると、いつも"ERROR:HDLParsers:3014"で落ちてしまう。
PACE_ERROR_1_070405.png

PACE_ERROR_2_070405.png

Xilinxのアンサーサーチを見たら、ありました。
アンサー #21457:8.1 PACE - 「ERROR:HDLParsers:3014 Library unit package_file is not available in library work」というエラー メッセージが表示される
それによると”この問題は、PACE に含まれる HDL Parser でプロジェクトのデフォルト作業ライブラリまたはユーザー定義ライブラリに含まれるパッケージ ファイルが見つからないために発生します。”だそうです。
問題のVHDLファイルはこのように最初にworkライブラリを宣言して、パッケージをuseしているのでERRORになるようです。

LIBRARY IEEE;
USE IEEE.std_logic_1164.all;
use ieee.std_logic_unsigned.all;

library work;
use work.sdram_global_header.all;
-- pragma translate_off
library unisim;
use unisim.vcomponents.all;
-- pragma translate_on

entity Maestro2SB is
port(


アンサーにあるように、ユーザー ライブラリを定義しパッケージ ファイルを参照する行をコメントアウトすれば良いのでしょうが、portの宣言のところに
sdram_a : out std_logic_vector(SDRAM_DEV_ADDR_WIDTH downto 0);
のようにパッケージで宣言したconstant値を使っているのでコメントアウトはできない。
なので、アンサーの最後に書いてあるようにISEのProcessesペインの[Translate] プロセスを展開表示し、[Assign Package Pins Post-Translate] を実行することにした。
PACE_ERROR_3_070405.png

そうするとちゃんとPACEが起動してパッケージを表示することができた。
PACE_ERROR_4_070405.png

  1. 2007年04月05日 11:55 |
  2. PACEの使い方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/458-4b62aea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)