FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado 2019.2 のプロジェクトを作り Vitis でソフトウェア開発2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2019.2 のプロジェクトを作り Vitis でソフトウェア開発2

Vivado 2019.2 のプロジェクトを作り Vitis でソフトウェア開発1”の続き。

前回は、Vivado 2019.2 が11月1日にリリースされたが、このバージョンからSDK が無くなった。それじゃ、どうやって、ZYNQ とかでソフトウェアを開発するのか?といったらVitis を使用することになる。そのVitis を使ってソフトウェア開発する手順を確認してみよう。ということで、ZYBO Z7-10 を使用したaxi_gpio を使用して4 LED を制御する簡単な回路をVivado 2019.2 で作成し、Vitis 2019.2 でプラットフォーム・プロジェクトを生成してビルドした。今回は、Vitis でHello World アプリケーション・プロジェクトを作成して動作を確認してみよう。

Vitis のFile メニューからNew -> Application Project ... を選択する。
Vivado2019_2_15_191103.png

New Application Project の Create a New Application Project ダイアログが表示される。
Project name を Hello_World と入力する。
Vivado2019_2_16_191103.png

Platform では、前回作成した gpio_test_platform を選択する。
Vivado2019_2_17_191103.png

Domain はデフォルトとした。

Templates では Hello World を選択し、Finish ボタンをクリックする。
Vivado2019_2_18_191103.png

これでアプリケーション・プロジェクトが生成されたので、ビルドを行う。
トンカチ・アイコンをクリックするとビルドされる。
Vivado2019_2_19_191103.png

ビルドが終了し、Hello_World.elf ファイルが生成された。
Vivado2019_2_20_191103.png

gtkterm を起動する。
Configuration -> Port でPort に後のUSB 番号を指定する。Baud Rate に 115200 を指定する。
Vivado2019_2_21_191103.png

ビットストリームをダウンロードしよう。
Xilinx メニューからProgram FPGA を選択する。
Vivado2019_2_22_191103.png

Program FPGA ダイアログが表示される。
Program ボタンをクリックする。
Vivado2019_2_23_191103.png

Assistant ウインドウのDebug に緑チェックマークが付いていることを確認して、右クリックし、右クリックメニューからRun -> Launch on Hardware (Single Application Debug) を選択する。
Vivado2019_2_24_191103.png

起動後の様子を示す。
Vivado2019_2_25_191103.png

gtkterm を見ると、Hello World が表示されている。
Vivado2019_2_26_191103.png
  1. 2019年11月04日 04:23 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4693-c8ce18bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)