FC2カウンター FPGAの部屋 Ultra96-V2 の Vitis アクセラレーション・プラットフォームの作り方4(Vitis アプリケーション・プロジェクトの作成)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96-V2 の Vitis アクセラレーション・プラットフォームの作り方4(Vitis アプリケーション・プロジェクトの作成)

Ultra96-V2 の Vitis アクセラレーション・プラットフォームの作り方3(Vitis プラットフォーム作成)”の続き。

Vitis のアクセラレーション・プラットフォームを作成できたので、それを使用してアプリケーション・プロジェクトを作成し、Ultra96-V2 で動作させてみよう。

Vitis 2019.2 のGUI で、New -> Application Project... を選択する。
Vitis_Platform2_72_191201.png

New Application Project ダイアログの Create a New Application Project 画面で、Project Name に ultra96v2_app1 を入力した。
Vitis_Platform2_73_191201.png

Platform では、今回作成したプラットフォームの ultra96v2_min2 を選択した。Flow を見ると Embedded Acceleration と表示されていることが分かる。これは、アクセラレーションができるプラットフォームということらしい?
Vitis_Platform2_74_191201.png

Domain 画面はディフォルトのままとした。
Vitis_Platform2_75_191201.png

Template 画面は、最初は下図の様には項目がなかったが、Download ボタンをクリックして、チュートリアルをダウンロードするとサンプル・プロジェクトが増えた。その内の最初から入っている Vector Addition を選択して、Finish ボタンをクリックした。
Vitis_Platform2_76_191201.png

ultra96v2_app1 アプリケーション・プロジェクトが作成された。
Vitis_Platform2_77_191201.png

Qemu を設定してないので、無駄とは思うがEmulation-SW をビルドしてみよう。
Assistant ウインドウの ultra96v2_app1_system を展開して、 ultra96v2_app1 -> Emulation -SW を右クリックし、右クリックメニューから Build を選択した。
Vitis_Platform2_78_191201.png

エラーになった。
Vitis_Platform2_79_191201.png

Emulation-HW もビルドしてみたが、同様にエラーになった。
Vitis_Platform2_80_191201.png

Hardware をビルドすると、こちらは成功した。
sd_card のディレクトリもできている。
Vitis_Platform2_81_191201.png

Hardware -> binary_container_1 -> SD Card Image を右クリックし、右クリックメニューから Open -> Open File Browser を選択すると、ファイル・ブラウザで sd_card ディレクトリが表示された。
Vitis_Platform2_82_191201.png

sd_card ディレクトリをMicroSD カードの第 1 パーティションにコピーした。
Vitis_Platform2_84_191201.png

MicroSD カードの第 2 パーティションには、PetaLinux で生成した ultra96v2_min2/images/linux/ultra96v2_min2_pkg/pfm/sysroots/aarch64-xilinx-linux ディレクトリの内容を書き込んだ。
(注意: Vitis プラットフォームのRoot FS を使用するとLinux が起動しません)
Vitis_Platform2_84_191201.png

MicroSD カードをUltra96V2 に入れて、電源ON するとLinux が起動した。
root ノーパスでログインした。
zocl ドライバを insmod でロードする。
insmod /lib/modules/4.19.0-xilinx-v2019.2/extra/zocl.ko
Vitis_Platform2_85_191201.png

アプリケーションを起動する。
cd /run/media/mmcblk0p1/
export XILINX_XRT=/usr
./ultra96v2_app.exe bianry_container_1.xclbin

Vitis_Platform2_86_191201.png

TEST_PASSED が表示され、アクセラレーションされたアプリケーションの実行に成功した。
  1. 2019年12月03日 05:21 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4720-657214fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)