FC2カウンター FPGAの部屋 Vitis 2019.2 のアプリケーション・プロジェクトの作り方1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis 2019.2 のアプリケーション・プロジェクトの作り方1

Ultra96-V2 のVitis アクセラレーション・プラットフォームを作成したが、それを使用して自分のアプリケーション・プロジェクトを動作させてみよう。そのために、まだVitis 2019.2 でサンプル・プロジェクトしかやっていないので、自分でアプリケーション・プロジェクトを作り、自分でアクセラレーションする関数を指定してビルドしていないので、それをやってみようと思う。

最初に自分で一からアプリケーションのソースコードを書くのは負担が重いので、Xilinx 社のGitHub の Xilinx/Vitis-Tutorials の Mixing C++ and RTL Kernels のソースコードを使用してVitis 2019.2 のプロジェクトを作成していこう。

まずは、”Ultra96-V2 の Vitis アクセラレーション・プラットフォームの作り方3(Vitis プラットフォーム作成)”で作成した ultra96v2_min2 Vitis 2019.2 アクセラレーション・プラットフォームをVitis 2019.2 から使用できるようにしよう。
Vitis 2019.2 のインストール・ディレクトリ(私の場合は、 tools/Xilinx/Vitis/2019.2)の下の platform ディレクトリに ultra96v2_min2/images/linux/ultra96v2_min2_pkg/pfm/wksp1/ultra96v2_min2/export/ultra96v2_min2 ディレクトリをコピーする。
Vitis_tub_1_191208.png

これで、Vitis 2019.2 のプラットフォームとして使用できる。

Vitis 2019.2 を立ち上げて、 workspace を指定する。
Vitis_tub_2_191208.png

Vitis 2019.2 が立ち上がった。
Vitis_tub_3_191208.png

ここからアプリケーション・プロジェクトを作成する。
File メニューから New -> Application Project ... を選択する。
New Application Project ダイアログの Create Application Project 画面が立ち上がる。
Project name に vitis_ctut と入力した。
Vitis_tub_4_191208.png

Platform 画面で、自分で作成した ultra96v2_min2 プラットフォームを選択することができるので、選択した。
Vitis_tub_5_191208.png

Domain 画面は、OS として linux が選択されているので、そのままとする。(というかプラットフォームで Domain が linux しか作っていないので、選べない)
Vitis_tub_6_191208.png

Templates 画面で、Empty Application を選択して、Finish ボタンをクリックする。
Vitis_tub_7_191208.png

vitis_ctut アプリケーション・プロジェクトが作成された。(スクリーンショットをトルのを忘れました。。。)

左上のExplorer 画面の vitis_ctut_system -> vitis_ctut -> src を右クリックし、右クリックメニューから New -> File を選択した。
New File ダイアログが表示された。
File name に host_step1.cpp と入力し、Finish ボタンをクリックする。(これがホストのコード)
Vitis_tub_8_191208.png

host_step1.cpp を新規作成後に、Vitis-Tutorials/docs/mixing-c-rtl-kernels/reference-files/src/host ディレクトリから host_step1.cpp のコードをコピー&ペーストした。

左上のExplorer 画面の vitis_ctut_system -> vitis_ctut -> src を右クリックし、右クリックメニューから New -> File を選択した。
New File ダイアログが表示された。
File name に kernel_vadd.cpp と入力し、Finish ボタンをクリックする。(これがカーネルのコード)
Vitis_tub_9_191208.png

kernel_vadd.cpp を新規作成後に、Vitis-Tutorials/docs/mixing-c-rtl-kernels/reference-files/src/kernel_cpp ディレクトリから krnl_vadd.cpp のコードをコピー&ペーストした。

Vitis 2019.2 の様子を示す。
Vitis_tub_10_191208.png

左上のExplorer 画面の vitis_ctut_system -> vitis_ctut の vitis_ctut.prj をクリックする。
Application Project Settings 画面が表示される。
Add Hardware Functions... ボタンをクリックする。
Vitis_tub_11_191208.png

Add Hardware Functions ダイアログが表示された。
Matching items には、krnl_vadd のみ表示されて、選択されているので、そのまま OK ボタンをクリックする。
Vitis_tub_12_191208.png

krnl_vadd が Hardware Functions に入った。
Vitis_tub_13_191208.png

Active build configuration を Hardware に変更して、build ボタンをクリックする。
Vitis_tub_14_191208.png

ビルドが終了して、sd_card イメージが生成された。
Vitis_tub_15_191208.png
  1. 2019年12月09日 05:23 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4725-afdf99f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)