FC2カウンター FPGAの部屋 ultra96v2_min2プラットフォームのPeteLinux 2019.2 が動作するUltra96-V2 にSFTP できた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ultra96v2_min2プラットフォームのPeteLinux 2019.2 が動作するUltra96-V2 にSFTP できた

ultra96v2_min2プラットフォームのPeteLinux 2019.2 が動作するUltra96-V2 にSFTP ができました。

ssh を利用してリモートマシンへ SFTP する scp というコマンドがあることが分かった。(「scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド」参照)
これでやってみようということで、Ultra96-V2 の電源をON して自分のUbuntu 18.04 のパソコンで scp してみた。
scp -r xrc.log 192.168.3.23:/
私のホーム・ディレクトリにある xrc.log というファイルを試しに Ultra96-V2 に送ってみようということだ。
そうすると、

masaaki@192.168.3.23's password:

と聞かれたが、Ultra96-V2 には masaaki というアカウントは作成していない。しかもUltra96-V2 にも root のパスワードも設定されていないということで、Ultra96-V2 のPetaLinux の root アカウントにパスワードを設定した。パスワードは root だ。

root@ultra96v2_min2:~# passwd
New password:
Retype new password:


自分のUbuntu 18.04 のパソコンで root アカウントに移動した。
sudo su
もう一度、scp -r xrc.log 192.168.3.23:/したら、一回パスワードを入れ直しはしたが、SFTP できた。

root@masaaki-H110M4-M01:/home/masaaki# scp -r xrc.log 192.168.3.23:/
The authenticity of host '192.168.3.23 (192.168.3.23)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:fgrPyO8FeroMd3/Q+/SDXL1Ejai1vz+P6SdmSGJpM7s.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.3.23' (RSA) to the list of known hosts.
root@192.168.3.23's password: 
Permission denied, please try again.
root@192.168.3.23's password: 
xrc.log                                       100%  685    57.5KB/s   00:00    


Ultra96-V2 側で見ても xrc.log が / ディレクトリに入っているのが分かる。

root@ultra96v2_min2:~# cd /
root@ultra96v2_min2:/# ls
bin boot dev etc home lib media mnt proc run sbin sys tmp usr var xrc.log


SFTP_1_191222.png

SFTP_2_191222.png
  1. 2019年12月22日 08:53 |
  2. PetaLinux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4740-41ff867a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)