FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS の GUI コマンド実行履歴を TCL 実行スクリプトにする
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS の GUI コマンド実行履歴を TCL 実行スクリプトにする

今のところ、私はほとんどVivado HLS をGUI で操作しているが、TCL スクリプトで動作させることもできる。
GUI でやった履歴を TCL スクリプトにする機能が Vivado HLS にはある。
それは、 solution? -> script.tcl だ。
RTL_kernel_6_191228.png

script.tcl は solution? ディレクトリの下にある。
RTL_kernel_7_191228.png

lap_filter_axis_dma.cpp を合成して、Export RTL した時の TCL スクリプトを貼っておく。

############################################################
## This file is generated automatically by Vivado HLS.
## Please DO NOT edit it.
## Copyright (C) 1986-2019 Xilinx, Inc. All Rights Reserved.
############################################################
open_project lap_filter_axis_dma
set_top lap_filter_axis_dma
add_files lap_filter_axis_dma/lap_filter_axis_dma.cpp
open_solution "solution1"
set_part {xczu3cg-sbva484-1-e}
create_clock -period 10 -name default
config_export -format ip_catalog -rtl verilog -vivado_optimization_level 0 -vivado_phys_opt none -vivado_report_level 0 -xo /home/masaaki/Vivado_HLS/Ultra96/test/lap_filter_axis_dma.xo
config_interface   -m_axi_addr64 -m_axi_offset off -register_io off -trim_dangling_port=0
config_sdx -target xocc
config_compile -name_max_length 80 -pipeline_loops 64
config_schedule -enable_dsp_full_reg
#source "./lap_filter_axis_dma/solution1/directives.tcl"
#csim_design
csynth_design
#cosim_design
export_design -rtl verilog -format ip_catalog -xo /home/masaaki/Vivado_HLS/Ultra96/test/lap_filter_axis_dma.xo


この TCL スクリプトを実行する時は、
vivado_hls -f script.tcl
とする。
  1. 2019年12月28日 17:09 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4747-4b26b6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)