FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS 2019.2 で xfOpenCV を使用する4(sobel filter 2)(xfOpenCV を使用する時のVivado HLSの設定方法)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS 2019.2 で xfOpenCV を使用する4(sobel filter 2)(xfOpenCV を使用する時のVivado HLSの設定方法)

Vivado HLS 2019.2 で xfOpenCV を使用する3(sobel filter 1)”の続き。

前回は、xfOpenCV の xfopencv/examples/sobelfilter をやってみようと思う。ただし、この soblefilter は xf::Mat のインターフェースなので、 AXI4-Stream インターフェースに変更した。更に現状の解像度では、Ultra96 のリソースに入らないので、画像のサイズを縮小した。今回は、sobel_filter プロジェクトを使用して、 xfOpenCV を使用する時の GUI 上での Vivado HLSの設定方法を紹介する。

最初に Vivado HLS 2019.2 で sobel_filter プロジェクトを作成した。
xfOpenCV_22_200223.png

xfOpenCV 用の設定を行う。
Vivado HLS の Project メニューから Project Settings... を選択する。
xfOpenCV_23_200223.png

左のペインから Simulation を選択し、Simulation Settings の TestBench Files から xf_sobel_tb.cpp を選択する。
右の Edit CFLAGS... ボタンをクリックする。
xfOpenCV_24_200223.png

Edit CFLAG Dialog が表示される。
そこに、

-D__SDSVHLS__ -I/home/masaaki/xfopencv/include --std=c++0x

を入力した。
-I の後ろは xfOpenCV の下の include ファイルへのパスを指定する。
xfOpenCV_25_200223.png

Input Argumets に test2.jpg 入力して、OK ボタンをクリックする。(他の Synthesis とかをクリックすると OK ボタンがハイドされて押せなくなるようだ)
xfOpenCV_26_200223.png

もう一度、Vivado HLS の Project メニューから Project Settings... を選択する。
xfOpenCV_23_200223.png

左のペインから Synthesis を選択する。
xf_sobel.cpp を選択し、右の Edit CFLAGS... ボタンをクリックする。
Edit CFLAG Dialog が表示される。
そこに、

-D__SDSVHLS__ -I/home/masaaki/xfopencv/include --std=c++0x

を入力した。

次に xf_sobel_accel.cpp を選択し、右の Edit CFLAGS... ボタンをクリックする。
Edit CFLAG Dialog が表示される。
そこに、

-D__SDSVHLS__ -I/home/masaaki/xfopencv/include --std=c++0x

を入力した。

Top Function を指定する。
Browse... ボタンをクリックして、 xf_sobel を選択した。
xfOpenCV_29_200223.png

これで設定は終了だ。
  1. 2020年02月23日 05:47 |
  2. reVISION, xfOpenCV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4802-e65869dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)