FC2カウンター FPGAの部屋 可聴周波数域チェッカの活用
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

可聴周波数域チェッカの活用

最近FPGAの話題が少なくて申し訳ないが、あまり話題がない。

今回はキコろぐさん可聴周波数域チェッカを見て、どこまで聞こえるかやってみた。
私は大体13.8KHzまで聞こえた。院生にやってもらうと、さすがに17.5KHz位まで聞こえているようだ。
家に帰って、ばあちゃんにやってもらうと9KHz、子供らにやらせると約16KHz位だった。
子供らと院生では年齢と可聴周波数の関係が逆転しているが、音が出ているスピーカが違うので比べることは難しいと思う。
私は夏休みの自由研究のサポート企画をしているが、音の実験を担当しているので、年齢による聞こえる音の上限を調べてみるのも面白いと思った。
正確に測るには、スピーカの特性で補正しなくてはいけないだろうが、相対値は計ることが出来ると思う。
  1. 2007年05月10日 05:12 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/482-cd0d5751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)