FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS 2019.2 の Encoding の設定機能
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS 2019.2 の Encoding の設定機能

Vivado HLS 2019.2 から Encoding 設定機能が付ていたので、その機能を確認してみよう。

今まで、Vivado HLSやVivado はWindows は SHFIT JISコード、Linux は UTF-8 を使用していた。Winidws で作った日本語入りのソースコードを Linux に移行する際には、コードを SHIFT JIS コードから UTF-8 に変換していた。それが、Vivado HLS で対応できるということになればとても嬉しい。

最初に Linux (Ubuntu 18.04)から試してみよう。
Windows で作った SHIFT JIS コードの unsharp_mask_axis.cpp で確かめてみると下の図のように見える。
Vivado_HLS_Encoding_1_200405.png

この文字コードを変更してみよう。
Edit メニューから Set Encoding... を選択する。
Vivado_HLS_Encoding_2_200405.png

Set Encoding ダイアログが表示される。
Default は UTF-8 だが、Other を選択しても SHIFT_JIS が無かった。とりあえず ISO-8859-1 にしてみた。
Vivado_HLS_Encoding_3_200405.png

Vivado_HLS_Encoding_4_200405.png

日本語がトーフになってしまった。
Vivado_HLS_Encoding_5_200405.png

nkf で UTF-8 に変更して、Encodings を UTF-8 に戻したら正常に表示された。
nkf -Lu -w --overwrite *.cpp
nkf -Lu -w --overwrite *.h

Vivado_HLS_Encoding_6_200405.png

さて、Windows 側はどうだろうか?
先ほどと同様に、UTF-8 コードの unsharp_mask_axis.cpp を見ていこう。
Vivado_HLS_Encoding_101_200405.png

このコードは、nkf で SHIFT_JIS から UTF-8 に変換した。
この文字コードを変更してみよう。
Edit メニューから Set Encoding... を選択する。
nkf -Lu -w --overwrite *.cpp
nkf -Lu -w --overwrite *.h

Vivado_HLS_Encoding_106_200405.png

この文字コードを変更してみよう。
Edit メニューから Set Encoding... を選択する。
Vivado_HLS_Encoding_102_200405.png

Set Encoding ダイアログが表示される。
SHIFT_JIS から UTF-8 に変更する。
Vivado_HLS_Encoding_103_200405.png

日本語がおかしい。。。
Vivado_HLS_Encoding_105_200405.png

Vivado HLS 2019.2 の Encoding 設定機能は今のところ使えないようだ。
  1. 2020年04月05日 14:39 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4844-65018f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)