FC2カウンター FPGAの部屋 Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipeline/ をやってみた3
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipeline/ をやってみた3

Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipeline/ をやってみた2”の続き。

Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipeline/ のVivado HLS や Vivado のプロジェクトを見た。今回は、Ultra96-V2 の実機で動作を確認してみよう。

Ultra96-V2 の電源をON して、PetaLinux を起動した。

Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipline/build/xclbin_ultra96v2_min2_hw/sd_card ディレクトリに行って、BOOT.BIN を Ultra96-V2 の /run/media/mmcblk0p1 に SFTP する。
scp BOOT.BIN 192.168.3.23:/run/media/mmcblk0p1
Vitis_Vision_93_200407.png

Ultra96-V2 のターミナルで /home/root にあった colordetect の sd_card ディレクトリを color_detect_sd_card に名前を変更した。

Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipeline/build ディレクトリに行って、 sd_card ディレクトリ以下をすべて Ultra96-V2 の /home/root にコピーした。
scp -r sd_card 192.168.3.23:/home/root
Vitis_Vision_94_200407.png

Vitis_Vision_95_200407.png

Ultra96-V2 のターミナルでみると、 /home/root ディレクトリの下に、 sd_card ディレクトリがコピーできている。
reboot を行った。

drm のメッセージとコンソールの表示メッセージを分けるために、ssh でログインした。
ssh 192.168.3.23 -X -l root

Ultra96-V2 のPetaLinux 上で zocl ドライバを起動した。
insmod /lib/modules/4.19.0-xilinx-v2019.2/extra/zocl.ko

XRT へのパスを通し、init.sh を実行形式にしてから init.sh を起動する。
export XILINX_XRT=/usr
cd sd_card
chmod +x init.sh
./init.sh

Vitis_Vision_96_200407.png

成功した。 hls_output.png が生成された。
ログを示す。

root@ultra96v2_min2:~/sd_card# ./init.sh
INFO: Running OpenCL section.
Found Platform
Platform Name: Xilinx
INFO: Device found - edge
XCLBIN File Name: krnl_stereopipeline
INFO: Importing xclbin_ultra96v2_min2_hw/krnl_stereopipeline.xclbin
Loading: 'xclbin_ultra96v2_min2_hw/krnl_stereopipeline.xclbin'
run complete !


ターミナル画面を示す。
Vitis_Vision_97_200407.png

ログを示す。

root@ultra96v2_min2:~# [  111.715443] zocl: loading out-of-tree module taints kernel.
[  111.724722] [drm] Probing for xlnx,zocl
[  111.728723] [drm] FPGA programming device pcap founded.
[  111.733956] [drm] PR Isolation addr 0x0
[  111.734724] [drm] Initialized zocl 2018.2.1 20180313 for a0000000.zyxclmm_drm on minor 1
[  158.828342] [drm] Pid 2204 opened device
[  158.832310] [drm] Pid 2204 closed device
[  158.847453] [drm] Pid 2204 opened device
[  159.147138] [drm] Finding IP_LAYOUT section header
[  159.147150] [drm] Section IP_LAYOUT details:
[  159.151965] [drm]   offset = 0x54fcf8
[  159.156224] [drm]   size = 0x58
[  159.159886] [drm] Finding DEBUG_IP_LAYOUT section header
[  159.163021] [drm] AXLF section DEBUG_IP_LAYOUT header not found
[  159.168326] [drm] Finding CONNECTIVITY section header
[  159.174243] [drm] Section CONNECTIVITY details:
[  159.179287] [drm]   offset = 0x54fd50
[  159.183807] [drm]   size = 0x7c
[  159.187468] [drm] Finding MEM_TOPOLOGY section header
[  159.190605] [drm] Section MEM_TOPOLOGY details:
[  159.195649] [drm]   offset = 0x54fc00
[  159.200169] [drm]   size = 0xf8
[  159.211895] [drm] No ERT scheduler on MPSoC, using KDS
[  159.220541] [drm] Fail to install CU 0 interrupt handler: -22. Fall back to polling mode.
[  159.228716] [drm] scheduler config ert(0)
[  159.228723] [drm]   cus(1)
[  159.232729] [drm]   slots(16)
[  159.235429] [drm]   num_cu_masks(1)
[  159.238387] [drm]   cu_shift(16)
[  159.241862] [drm]   cu_base(0xa0000000)
[  159.245083] [drm]   polling(1)
[  159.424457] [drm] Pid 2204 closed device


出力された画像ファイル hls_output.png を scp でホストパソコンに持ってきた。
scp 192.168.3.23:/home/root/sd_card/hls_output.png .
Vitis_Vision_98_200407.png

hls_output.png を示す。
Vitis_Vision_99_200407.png

元画像の left.png と right.png を Vitis_Libraries/vision/L3/examples/stereopipeline/data から引用する。
Vitis_Vision_100_200407.jpg

Vitis_Vision_101_200407.jpg
  1. 2020年04月07日 04:54 |
  2. Vitis_Vision
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4846-fc8bd77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)