FC2カウンター FPGAの部屋 XRT 2020.1 をインストール
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

XRT 2020.1 をインストール

Vitis 2020.1 を動作させるのに XRT 2020.1 が必要だと思い、Debian パッケージ版をダウンロードしてインストールした。その際に、XRT 2019.1 とディレクトリを分けて共用させようと思ったのだが、うまく行かなかった。しかし、XRT 2020.1でVitis 2019.2でビルドできて、zocl.ko(これは2019.2)ロードして、Ultra96V2でStreaming_lap_filter5がVitis IDEで動作した。
XRT 2020.1で共用できるみたいだ。X86で動かすわけじゃないからかな?

という訳で、Xilinx Runtime - 2020.1 のダウンロード・ページから、Ubuntu 18.04 XRT 2020.1 (2.6.655) をダウンロードした。
ダウンロードしたファイル名は、xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb だった。

XRT は /opt/xilinx/xrt にインストールされているので、現在の 2019.2 バージョンの xrt を xrt_192 としてコピーした。
sudo cp -rf xrt xrt_192

xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb の存在するディレクトリに行って、 apt install でインストールした。
sudo apt install --reinstall ./xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb

masaaki@masaaki-H110M4-M01:/media/masaaki/Ubuntu_Disk/Archives/Xilinx_tools/2020.1$ sudo apt install --reinstall ./xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
注意、'./xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb' の代わりに 'xrt' を選択します
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libudev-dev
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libudev-dev
以下のパッケージはアップグレードされます:
  xrt
アップグレード: 1 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 5 個。
8,166 kB 中 19.1 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 681 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] y
取得:1 /media/masaaki/Ubuntu_Disk/Archives/Xilinx_tools/2020.1/xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb xrt amd64 2.6.655 [8,147 kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 libudev-dev amd64 237-3ubuntu10.41 [19.1 kB]
19.1 kB を 6秒 で取得しました (3,428 B/s)
以前に未選択のパッケージ libudev-dev:amd64 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 465021 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
.../libudev-dev_237-3ubuntu10.41_amd64.deb を展開する準備をしています ...
libudev-dev:amd64 (237-3ubuntu10.41) を展開しています...
.../xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb を展開する準備をしています ...
Unregistering old XRT Linux kernel module sources 2.3.1301 from dkms on Ubuntu/Debian

-------- Uninstall Beginning --------
Module:  xrt
Version: 2.3.1301
Kernel:  4.15.0-101-generic (x86_64)
-------------------------------------

Status: Before uninstall, this module version was ACTIVE on this kernel.

xocl.ko:
 - Uninstallation
   - Deleting from: /lib/modules/4.15.0-101-generic/updates/dkms/
 - Original module
   - No original module was found for this module on this kernel.
   - Use the dkms install command to reinstall any previous module version.


xclmgmt.ko:
 - Uninstallation
   - Deleting from: /lib/modules/4.15.0-101-generic/updates/dkms/
 - Original module
   - No original module was found for this module on this kernel.
   - Use the dkms install command to reinstall any previous module version.

depmod.......

DKMS: uninstall completed.

-------- Uninstall Beginning --------
Module:  xrt
Version: 2.3.1301
Kernel:  4.15.0-99-generic (x86_64)
-------------------------------------

Status: Before uninstall, this module version was ACTIVE on this kernel.

xocl.ko:
 - Uninstallation
   - Deleting from: /lib/modules/4.15.0-99-generic/updates/dkms/
 - Original module
   - No original module was found for this module on this kernel.
   - Use the dkms install command to reinstall any previous module version.


xclmgmt.ko:
 - Uninstallation
   - Deleting from: /lib/modules/4.15.0-99-generic/updates/dkms/
 - Original module
   - No original module was found for this module on this kernel.
   - Use the dkms install command to reinstall any previous module version.

depmod.......

DKMS: uninstall completed.

------------------------------
Deleting module version: 2.3.1301
completely from the DKMS tree.
------------------------------
Done.
Cleanup is skipped for package upgrade/downgrade/re-install on Ubuntu/Debian
xrt (2.6.655) で (2.3.1301 に) 上書き展開しています ...
libudev-dev:amd64 (237-3ubuntu10.41) を設定しています ...
xrt (2.6.655) を設定しています ...
Unloading old XRT Linux kernel modules
rmmod: ERROR: Module xocl is not currently loaded
rmmod: ERROR: Module xclmgmt is not currently loaded
Invoking DKMS common.postinst for xrt
Loading new xrt-2.6.655 DKMS files...
Building for 4.15.0-101-generic
Building initial module for 4.15.0-101-generic
Secure Boot not enabled on this system.
Done.

xocl:
Running module version sanity check.
 - Original module
   - No original module exists within this kernel
 - Installation
   - Installing to /lib/modules/4.15.0-101-generic/updates/dkms/

xclmgmt.ko:
Running module version sanity check.
 - Original module
   - No original module exists within this kernel
 - Installation
   - Installing to /lib/modules/4.15.0-101-generic/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install completed.
Finished DKMS common.postinst
Loading new XRT Linux kernel modules
Installing MSD / MPD daemons
Skipping pyopencl installation...
man-db (2.8.3-2ubuntu0.1) のトリガを処理しています ...
N: ファイル '/media/masaaki/Ubuntu_Disk/Archives/Xilinx_tools/2020.1/xrt_202010.2.6.655_18.04-amd64-xrt.deb' がユーザ '_apt' からアクセスできないため、ダウンロードは root でサンドボックスを通さずに行われます。 - pkgAcquire::Run (13: 許可がありません)


/opt/xilinx/xrt ディレクトリを示す。
XRT20201_1_200605.png

source /opt/xilinx/xrt_192/setup.sh
をするとうまく行かなかった。
XRT20201_2_200605.png

source /opt/xilinx/xrt/setup.sh
をして、 XRT 202001 を source しても、Vitis 2019.1 で clean して build してから、Ultra96V2 のPetaLinux 2019.2 を起動して 2019.2 の zocl.ko を起動し、Vitis 2019.2 GUI から Streaming_lap_filter5 を Run したところ成功した。
XRT 202001 でも Vitis 2019.2 を動かすことができた。
XRT20201_3_200605.png
  1. 2020年06月05日 20:43 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4906-908748e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)