FC2カウンター FPGAの部屋 Windows のパスの長さの制限 260 文字を解除
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Windows のパスの長さの制限 260 文字を解除

これまで、Windows のパスの長さの制限の 260 文字にどれだけ苦しめられていたか分かりません。仕方ないので、subst コマンドで Vivado プロジェクトのフォルダを z: や y: に割り当て使っていました。Viavdo はとっても深くフォルダを掘ってしまうので、すぐにパスの長さが 260 文字超えちゃってエラーになっちゃうんですよね。

昨日、ittou_ogami さんに教えていただいたのは、”Windows 10で既定の256文字パス制限(MAX_PATH)を変更する方法”でしたが、ちょっとレジストリエディタを使用して面倒なのと、画像が拡大できないので、よく分からなかったため”【Windows】パスの260文字制限の解除方法”を真似してやってみました。

早速やってみましょう。
最初に、Windows 10 で左下のウインドウマークを右クリックして右クリックメニューから Windows PowerShell (管理者)を選択します。
レジストリ「LongPathsEnabled」設定が 0 だと、ロング・パスが無効だそうです。
(Get-Item -Path "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem").GetValue("LongPathsEnabled")
コマンドを実行すると 0 でした。無効です。
win260limit_1_200701.png

(Get-Item -Path "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem")
コマンドを実行すると、レジストリのリストが見えます。確かに、上から 3 つ目の” LongPathsEnable ”は 0 になっているが分かります。
win260limit_2_200701.png

LongPathsEnable を 1 にします。
Set-ItemProperty "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem" -Name LongPathsEnabled -value 1
コマンドを実行しました。

もう一度、
(Get-Item -Path "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem")
コマンドを実行すると、上から 3 つ目の” LongPathsEnable ”は 1 になっているのが分かります。
win260limit_3_200701.png

これで、パスの長さが 260 文字の制限は外れたはず。PetaLinux のビルドをもう一度やってみます。
  1. 2020年07月02日 04:20 |
  2. WSL2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4935-062a3b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)