FC2カウンター FPGAの部屋 Vitis 2020.1 で lap_filter_axis_dma をビルドし動作テストを行う2(実機確認)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis 2020.1 で lap_filter_axis_dma をビルドし動作テストを行う2(実機確認)

Vitis 2020.1 で lap_filter_axis_dma をビルドし動作テストを行う1(Vitis プロジェクトの生成とビルド)”の続き。

Vitis 2020.1 のアクセラレーション・プラットフォームは ultra96v2_min2_201 を使用して、Vitis 2019.2 で動作している lap_filter_axis_dma を動作させてみようということで、前回は、 Vitis 2020.1 で lap_filter_axis_dma アクセラレーション・アプリケーション・プロジェクトを作成して、ビルドし成功した。今回は、ビルドできたホスト・アプリケーションと xclbin ファイルを使って、 ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux で実行させてみよう。

lap_filter_axis_dma/Hardware/package/sd_card ディレクトリに lap_filter_axis_dma アプリケーションと lap_filter_axis_dma.xclbin がある。
ZynqMP-FPGA-Linux201_59_200711.png

Ultra96-V2 の Debian 上の ~/Vitis_work に lap_filter_axis_dma ディレクトリを作成して、 dtbocfg.rb と zocl.dts をコピーした。
そのディレクトリに lap_filter_axis_dma アプリケーションと lap_filter_axis_dma.xclbin を SFTP した。
ZynqMP-FPGA-Linux201_60_200711.png

zocl.dts の firmware-name を

firmware-name = "lap_filter_axis_dma.bit";

に書き換えた。
ZynqMP-FPGA-Linux201_61_200711.png

xclbinutil で lap_filter_axis_dma.xclbin から bit ファイルを抽出し、 /lib/firmware/ ディレクトリにコピーした。
cd Vitis_work/lap_filter_axis_dma/
xclbinutil --input lap_filter_axis_dma.xclbin --dump-section BITSTREAM:RAW:lap_filter_axis_dma.bit
sudo cp lap_filter_axis_dma.bit /lib/firmware/

ZynqMP-FPGA-Linux201_62_200711.png

lap_filter_axis_dma.bit が生成された。
ZynqMP-FPGA-Linux201_63_200711.png

test.bmp を ZynqMP-FPGA-XRT-Example-1-Ultra96 からコピーした。
ZynqMP-FPGA-Linux201_64_200711.png

xrt の環境を設定して、zocl などをロードした。
source /opt/xilinx/xrt/setup.sh
sudo ./dtbocfg.rb --install zocl --dts zocl.dts


zocl などをロード・メッセージを示す。

[ 1822.071446] fpga_manager fpga0: writing lap_filter_axis_dma.bit to Xilinx ZynqMP FPGA Manager
[ 1825.785632] OF: overlay: WARNING: memory leak will occur if overlay removed, property: /fpga-full/firmware-name
[ 1825.824247] fclkcfg: loading out-of-tree module taints kernel.
[ 1825.834937] [drm] Probing for xlnx,zocl
[ 1825.836788] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: driver installed.
[ 1825.838900] zocl-drm amba_pl@0:zyxclmm_drm: IRQ index 0 not found
[ 1825.843959] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: device name    : amba_pl@0:fclk0
[ 1825.850212] [drm] PR Isolation addr 0x0
[ 1825.850723] [drm] Initialized zocl 2018.2.1 20180313 for amba_pl@0:zyxclmm_drm on minor 1
[ 1825.856484] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: clock  name    : pl0_ref
[ 1825.856493] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: clock  rate    : 99999999
[ 1825.856522] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: clock  enabled : 1
[ 1825.885277] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: remove rate    : 1000000
[ 1825.891020] fclkcfg amba_pl@0:fclk0: remove enable  : 0


lap_filter_axis_dma を起動したが、どうやらすべての結果が 0 のようだ。
sudo chmod 666 /dev/dri/renderD128
./lap_filter_axis_dma lap_filter_axis_dma.xclbin

ZynqMP-FPGA-Linux201_65_200711.png
ZynqMP-FPGA-Linux201_66_200711.png

~/Vitis_work に lap_filter_axis_dma ディレクトリに temp_lap.bmp ファイルが生成されていた。
ZynqMP-FPGA-Linux201_67_200711.png

temp_lap.bmp ファイルを見たが、すべて 0 のようだった。
ZynqMP-FPGA-Linux201_68_200711.png

ZynqMP-FPGA-XRT-Example-1-Ultra96 の temp_lap.bmp を見たら、ちゃんとエッジが表示された。Vitis 2019.2 で作成したアプリケーションと xclbin ファイルの実行では問題ないようだ。
ZynqMP-FPGA-Linux201_69_200712.png
  1. 2020年07月12日 06:54 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/4944-bfe08673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)