FC2カウンター FPGAの部屋 ”IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”をやってみる8
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”をやってみる8

”IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”をやってみる7”の続き。

Raspberry Pi のソニー製Ver. 2 カメラを Ultra96V2 に接続して、 DisplayPort で表示するプロジェクトをやってみることにしたということで、前回は、Vivado の他のバージョンではどうなんだろう?ということで、Vivado 2019.2 を使ってやってたところ、正常にカメラ画像がディスプレイに表示できた。今回は、正常に動作した Vivado 2019.2 のプロジェクトを Vivado 2020.1 に変換して、カメラ画像がディスプレイに表示できるかどうか?確かめてみよう。

Vivado 2019.2 の前回のプロジェクトを Vivado 2020.1 で読み込むと IP をアップグレードするかを聞いてくるので、アップグレードを選択して、IP をアップグレードした。
プロジェクトを示す。
ultra96_mipi_dp_102_210128.png

ブロックデザインを示す。
ultra96_mipi_dp_103_210128.png

論理合成、インプリメンテーション、ビデオストリームの生成を行った。結果を示す。
ultra96_mipi_dp_104_210128.png

Vitis 2020.1 の画面を示す。Vitis プロジェクトは作り直した。
ultra96_mipi_dp_105_210128.png

Ultra96V2 で試したところ、正常にカメラ画像をディスプレイに表示することができた。
ultra96_mipi_dp_101_210128.jpg

gtkterm の表示を示す。
ultra96_mipi_dp_106_210128.png

ただし、Vitis 2019.2 のプロジェクトもそうだけど、画面がほんの少し揺れるときがある。昨日の晩は少し揺れたけど、今朝はピッタリ止まって表示されている。何らかの原因があるのだろうか?
  1. 2021年01月30日 04:00 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5133-c88f8d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)