FC2カウンター FPGAの部屋 ”IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”にラプラシアン・フィルタを追加する3
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”にラプラシアン・フィルタを追加する3

”IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”にラプラシアン・フィルタを追加する2”の続き。

IMX219 MIPI sensor to Ultra96-V2 FPGA DisplayPort”をやってきたが、 Vivado 2020.2 でカメラ画像をディスプレイに表示することができた。そこで、そのカメラ画像表示システムにラプラシアン・フィルタを追加してみようということで、前回は、Vitis HLS 2020.2 プロジェクトで、C シミュレーション、C コードの合成、C/RTL 協調シミュレーション、Export RTL を行った。今回は、生成されたラプラシアン・フィルタ IP をブロックデザインで使用して、ラプラシアン・フィルタ付きのカメラ画像システムを構築していく。

ultra96v2_picam2_dp_202_3 ディレクトリのカメラ画像システムにラプラシアン・フィルタ IP を追加する。

前回作成した Vitis HLS 2020.2 の lap_filter_axis_RGB10/solution/impl ディレクトリの export.zip に IP が凍結されている。
lap_filter_axis_RBG10_12_210202.png

ultra96v2_picam2_dp_202_3 ディレクトリに lap_filter_axis ディレクトリを作成し、その中に export.zip を解凍した中身をコピーする。
lap_filter_axis_RBG10_13_210202.png

IP Catalog に lap_filter_axis IP を登録する。(右クリックし右クリックメニューから Add Repository... を選択する)
lap_filter_axis_RBG10_14_210202.png

ブロックデザインで、 v_gamma_lut_0 の後に、 axis_switch_0 を挿入して、その後に lap_filter_axis 、 axs_swtich_1 を挿入した。
なお、 axis_switch で元画像とラプラシアン・フィルタ処理画像をソフトウェアで切り替えられるようにしてある。
lap_filter_axis_RBG10_15_210202.png

Address Editor 画面を示す。
lap_filter_axis_RBG10_16_210202.png

Address Map 画面を示す。
lap_filter_axis_RBG10_17_210202.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、成功した。
lap_filter_axis_RBG10_18_210202.png

Export Hardware を行って、 design_1_wrapper.xsa ファイルを生成できた。
lap_filter_axis_RBG10_19_210202.png
  1. 2021年02月03日 05:14 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5137-bab84a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)