FC2カウンター FPGAの部屋 Vitis Vision Library でカメラ画像にメディアン・フィルタをかけてディスプレイに出力する1(構想編)
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis Vision Library でカメラ画像にメディアン・フィルタをかけてディスプレイに出力する1(構想編)

Vitis Vision Library 2020.2 を使用して、カメラ画像にメディアン・フィルタをかけてディスプレイに出力してみよう。
今回は、そのための構想を練ってみる。

ディスプレイ側は以前作成した。
AXI4-Stream の IP を使用して Vitis Vision Library で加工されたデータをディスプレイに表示する1(構想編)
AXI4-Stream の IP を使用して Vitis Vision Library で加工されたデータをディスプレイに表示する2(Vivado プロジェクト)
AXI4-Stream の IP を使用して Vitis Vision Library で加工されたデータをディスプレイに表示する3(Vitis プロジェクト)

今回はカメラ側を作成する。

全体のブロック図を下に示す。
Vitis_Vision_disp_49_210428.png

cam_inf_d111_axis IP は、”ZYBO Z7-20でのMNISTの実装にOV5642を使用する3”で作成済みだ。今回は、確実性を取って、既存のカメラ・インターフェースを使用する。MIPI をやりたいが次回に取っておく。

axis2xf8uc3 は AXI4-Stream を XF8UC3 に変換する IP で Vitis HLS 2020.2 でこれから作成する。

(追加)ランダム・ノイズ発生器(random_noise_gen)を追加した。これは、メディアン・フィルタの性能を確認するために、わざとカメラ画像にランダム・ノイズを追加する IP となる。
  1. 2021年04月28日 04:52 |
  2. Vitis_Vision
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5219-1e21a37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)