FC2カウンター FPGAの部屋 ”Head-Pose Estimation on Ultra96-V2”をやってみる
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”Head-Pose Estimation on Ultra96-V2”をやってみる

”Vitis-AI 1.3 Flow for Avnet VITIS Platforms”をやってみる2”の続き。

前回は、”Vitis-AI 1.3 Flow for Avnet VITIS Platforms”を参照しながら、Vitis-AI 1.3 の続きを行った。今回は、”Step 3 – Modifying the examples”の”Head-Pose Estimation on Ultra96-V2”をやってみよう。

Vitis-AI 1.3 Flow for Avnet VITIS Platforms”の MicroSD カードでできそうなので、そのまま使用する。

Ultra96V2 を起動して、git clone した。
git clone https://github.com/AlbertaBeef/vitis_ai_cpp_examples
Vitis-AI_44_210705.png

git clone https://github.com/AlbertaBeef/vitis_ai_python_examples
Vitis-AI_45_210705.png

環境構築を行った。
initset.sh を起動した。(””Vitis-AI 1.3 Flow for Avnet VITIS Platforms”をやってみる1”を参照)
Vitis-AI_46_210705.png

~/Vitis-AI/demo/Vitis-AI-Library/samples/facedetect ディレクトリの facedetect を行う。
cd ~/Vitis-AI/demo/Vitis-AI-Library/samples/facedetect

test_video_facedetect を実行するが、test_video_facedetect.cpp はとってもシンプルで、行数は少ない。
Head-Pose Estimation on Ultra96-V2”にブロック図が載っているが、FaceDetect クラスを Create して Run しているようだ。
test_video_facedetect を実行してみよう。
./test_video_facedetect densebox_640_360 0
Vitis-AI_48_210705.png

ssh で入った端末で実行すると、 CH-0 ウインドウが開いてカメラ画像を表示し、顔の位置に青い四角が表示された。
Vitis-AI_47_210705.jpg

FPS は約 30 fps になっているが、結構更新が早い。
なお、カメラは Ultra96V2 の USB ポートに Logicool の Web カメラ C920n を接続して使用している。

次に、 ~/vitis_ai_cpp_examples/facedetectwithheadpose/ ディレクトリに移動して、 test_video_facedetectwithheadpose.cpp をビルドしよう。
なお、 build.sh は実行権限が入っていなかったので、実行権限を入れた。
やはり、”Head-Pose Estimation on Ultra96-V2”にブロック図が載っている。
test_video_facedetect は FaceDetect クラスだけだったが、 facedetectwithheadpose では FaceDetect クラスに加えて、 FaceDetectWithHeadPose クラスも Create しているようだ。
cd ~/vitis_ai_cpp_examples/facedetectwithheadpose/
chmod +x build.sh
./build.sh

test_video_facedetectwithheadpose が生成された。
Vitis-AI_49_210705.png

test_video_facedetectwithheadpose を実行した。
./test_video_facedetectwithheadpose 0
Vitis-AI_50_210705.jpg

顔見えちゃているけど仕方ないか。。。
顔の目と鼻、口の両端、顎に特徴点が表示されて、青い棒で顔の向きが表示されているようだ。フレームレートも約 30 fps でている。

顔の向きを変えても追従する。
Vitis-AI_51_210705.jpg

面白い。。。
これで顔が何処向いているかの判定ができるかも知れないな。。。

次に python のサンプルを動かしてみよう。
cd ~/vitis_ai_python_examples/face_applications
python3 face_headpose.py

Vitis-AI_52_210705.png

imutils が無いと言われてしまったので、インストールしてみる。
pip install imultils
成功した。
Vitis-AI_53_210705.png

もう一度、 python3 face_headpose.py を実行したが、やはり、imutils が無いと言われてしまう。
Vitis-AI_54_210705.png
  1. 2021年07月06日 04:01 |
  2. Vitis-AI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5287-f2b6d5ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)