FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado ML 2021.1 でデバッグできない4
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない4

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない3”の続き。

前回は、DFX が設定されている Vivado プロジェクトで、ILA の数を減らした時に ILA ダッシュボードが表示されるか?を見たが、全ての状態で ILA ダッシュボードは表示されなかった。今回は、DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトと DFX の入っている DFX_filter_test_211 プロジェクトの dbg_hub の接続の違いを比べて、Debug 設定ではなく、直接 System_ILA を Add IP して接続し、今までと違いがあるか?を調べる。

まずは、DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトで、 SYNTHESIS -> Open Synthesized Design を選択して、 Synthesized Design を開く。
Synthesized Design から Schematic をクリックして開いた。
ILA_26_210902.png

dbg_hub は左下にあった。

次に、DFX を設定した DFX_filter_test_211 プロジェクトで、 SYNTHESIS -> Open Synthesized Design を選択して、 Synthesized Design を開く。
Synthesized Design から Schematic をクリックして開いた。
ILA_27_210902.png

DFX_filter_test2 の方のクロックが 2 個なので、違いがあるように見えるが、接続は同じようだ。

DFX を設定した DFX_filter_test_211 プロジェクトの Synthesized Design で Set Up Debug をクリックしてみた。
ILA_28_210902.png

すると not ready for debugging ダイアログが表示された。
ILA_29_210902.png

This design contains a reconfigurable partition.Debug insertion is not currently supported. Please use the debug instant ion flow.


DFX が設定されていると Set Up Debug ができない。

DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトも同様に Set Up Debug する。
ILA_30_210902.png

すると、ちゃんと Set Up Debug ダイアログが表示された。
ILA_31_210902.png

次に、 Debug を全て Clear Debug して、 System_ILA を IP として追加する。

DFX の入っている DFX_filter_test_211 プロジェクトに Sytem_ILA を追加して、配線を行った。
ILA_32_210902.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成が終了した。
Design Runs を見ると全てのタイミングは問題ない。
ILA_33_210902.png

Vivado でハードウェアをエクスポートし、 Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
ILA_34_210902.png

Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_35_210902.png

やはり、System ILA を Add IP してもだめだ。。。

次に、DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトに System ILA を追加してみよう。

DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトに Sytem_ILA を追加して、配線を行った。
ILA_36_210902.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成が終了した。
Design Runs を見ると全てのタイミングは問題ない。
ILA_37_210902.png

Vivado でハードウェアをエクスポートし、 Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
ILA_38_210902.png

Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されて、波形をキャプチャできた。
ILA_39_210902.png

やはり、 DFX の設定されている Vivado プロジェクトでは、 System ILA でデバッグできないようだ?
  1. 2021年09月02日 05:08 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5340-69487991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)