FC2カウンター FPGAの部屋 ”Xilinx Kria KV260- SmartCam Demo with Petalinux 2021.1 BSP”をやってみる1
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”Xilinx Kria KV260- SmartCam Demo with Petalinux 2021.1 BSP”をやってみる1

”設計開始 Kria KV260 ビジョン AI スターター キット使用”をやってみる3”で SmartCam をやってみたが、もうすでにビルド済みの物を実行したのだった。”Xilinx Kria KV260- SmartCam Demo with Petalinux 2021.1 BSP”は SmartCam のビルド方法が載っているので、これをやってみることにした。

それでは、やっていこう。
最初に Petalinux のインストーラーの petalinux-v2021.1-final-installer.run をダウンロードした。
KRIA_KV260_56_210913.png

Petalinux 2021.1 インストーラーの実行パーミッションを入れてからインストールした。
chmod +x /media/masaaki/Ubuntu_Disk/Archives/Xilinx_tools/petalinux-v2021.1-final-installer.run
/media/masaaki/Ubuntu_Disk/Archives/Xilinx_tools/petalinux-v2021.1-final-installer.run -d /media/masaaki/Ubuntu_Disk/tools/Xilinx/PetaLinux/2021.1/

KRIA_KV260_57_210913.png
KRIA_KV260_58_210913.png

Petalinux 2021.1 のインストールでインストールされたファイルやディレクトリを示す。
KRIA_KV260_59_210913.png

KV260 のボード・サポート・パッケージ xilinx-k26-starterkit-v2021.1-final.bsp をダウンロードした。
KRIA_KV260_60_210913.png

Petalinux 2021.1 の settings.sh を実行して、 Petalinux のコマンドが使用できるようにする。
source /media/masaaki/Ubuntu_Disk/tools/Xilinx/PetaLinux/2021.1/settings.sh

ボード・サポート・パッケージを使用して、 kv260_smartcam プロジェクトを作成する。
petalinux-create -t project -s /media/masaaki/Ubuntu_Disk/Archives/Xilinx_tools/xilinx-k26-starterkit-v2021.1-final.bsp -n kv260_smartcam
KRIA_KV260_69_210914.png

kv260_smartcam ディレクトリに入る。
KV260スターターキット固有のパッケージを含めるには、 petalinuxbsp.conf でBOARD_VARIANT変数を設定する必要があるそうだ。
cd kv260_smartcam
echo 'BOARD_VARIANT = "kv"' >> project-spec/meta-user/conf/petalinuxbsp.conf

KRIA_KV260_70_210914.png

petalinuxbsp.conf を示す。
KRIA_KV260_71_210914.png

アプリケーション・パッケージ・グループをrootfs構成に追加して、menuconfigにリストされ、カスタムアプリケーションに必要なライブラリがインストールされるようにするそうだ。
echo 'CONFIG_packagegroup-kv260-smartcam' >> project-spec/meta-user/conf/user-rootfsconfig

user-rootfsconfig を示す。
KRIA_KV260_72_210914.png

smartcamパッケージ・グループを有効するそうだ。
echo 'CONFIG_packagegroup-kv260-smartcam=y' >> project-spec/configs/rootfs_config
KRIA_KV260_73_210914.png

rootfs_config を示す。
KRIA_KV260_74_210914.png

petalinux-build コマンドを実行した。
petalinux-build
KRIA_KV260_75_210915.png
KRIA_KV260_76_210915.png

エラーがでてしまった。

ERROR: Nothing RPROVIDES 'misc-config' (but /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KRIA_KV260/kv260_smartcam/components/yocto/layers/meta-petalinux/recipes-core/images/petalinux-initramfs-image.bb RDEPENDS on or otherwise requires it)

  1. 2021年09月16日 04:50 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5355-30920830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)