FC2カウンター FPGAの部屋 ”MicroZed Chronicles: Kria & Raspberry Pi Camera”+ガウシアンフィルタ+メディアンフィルタ+ソーベルフィルタを ikzwm さんの Debian 11 で動作させる2
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”MicroZed Chronicles: Kria & Raspberry Pi Camera”+ガウシアンフィルタ+メディアンフィルタ+ソーベルフィルタを ikzwm さんの Debian 11 で動作させる2

”MicroZed Chronicles: Kria & Raspberry Pi Camera”+ガウシアンフィルタ+メディアンフィルタ+ソーベルフィルタを ikzwm さんの Debian 11 で動作させる1”の続き。

ガウシアン・フィルタとメディアン・フィルタを”MicroZed Chronicles: Kria & Raspberry Pi Camera”のブロック・デザインに追加する2”を ikzwm さんの Debian 11 で動作させてみたいということで、前回は、各種デバイス・ツリーを作成し、コンパイルした。今回は、それらのデバイス・ツリーをロードして、UIO と U-DMA-BUF についての情報を見ていこう。
なお、元ネタは Adam Taylor さんの”MicroZed Chronicles: Kria & Raspberry Pi Camera”だ。

bin ファイルを /lib/firmware/ にコピーする。
cd ~/examples/Kria_PCAM/
sudo cp kria_pcam.bin /lib/firmware/
ls -l /lib/firmware/kria_pcam.bin

kira_PCAM_gm_26_211204.png

fpgaをコンフィグレーションした。
sudo mkdir /config/device-tree/overlays/fpga
sudo cp fpga-load_pcam.dtb /config/device-tree/overlays/fpga/dtbo

fclk0-zynqmp.dtb をロードした。
sudo mkdir /config/device-tree/overlays/fclk0
sudo cp fclk0-zynqmp.dtb /config/device-tree/overlays/fclk0/dtbo

kria_pcam.dtb をロードした。
sudo mkdir /config/device-tree/overlays/kria_pcam
sudo cp kria_pcam.dtb /config/device-tree/overlays/kria_pcam/dtbo

kira_PCAM_gm_27_211204.png

シリアル・コンソールの表示を示す。
kira_PCAM_gm_28_211204.png

[   36.166845] systemd-journald[150]: File /var/log/journal/fa5ba2ddbe3544a08d55124c9fe30f95/user-1000.journal corrupted or uncleanly shut down, renaming and replacing.
[   83.274161] fpga_manager fpga0: writing kria_pcam.bin to Xilinx ZynqMP FPGA Manager
[   83.751378] OF: overlay: WARNING: memory leak will occur if overlay removed, property: /fpga-full/firmware-name
[  137.382921] fclkcfg: loading out-of-tree module taints kernel.
[  137.390050] zynqmp_clk_divider_set_rate() set divider failed for pl0_ref_div1, ret = -13
[  137.398320] fclkcfg axi:fclk0: driver version : 1.7.2
[  137.403376] fclkcfg axi:fclk0: device name    : axi:fclk0
[  137.408771] fclkcfg axi:fclk0: clock  name    : pl0_ref
[  137.413995] fclkcfg axi:fclk0: clock  rate    : 99999999
[  137.419319] fclkcfg axi:fclk0: clock  enabled : 1
[  137.424028] fclkcfg axi:fclk0: remove rate    : 1000000
[  137.429247] fclkcfg axi:fclk0: remove enable  : 0
[  137.433941] fclkcfg axi:fclk0: driver installed.
[  154.037650] u-dma-buf udmabuf4: driver version = 3.2.4
[  154.042851] u-dma-buf udmabuf4: major number   = 242
[  154.047840] u-dma-buf udmabuf4: minor number   = 0
[  154.052632] u-dma-buf udmabuf4: phys address   = 0x0000000070600000
[  154.058900] u-dma-buf udmabuf4: buffer size    = 1048576
[  154.064210] u-dma-buf axi:kria_pcam-udmabuf4: driver installed.


ls -la で uio と udmabuf を見た。
uioは 0 から 12 まで実装されていた。
ls -la /dev/uio*
ls -la /dev/udmabuf*

kira_PCAM_gm_29_211204.png

/sys/class/uio を見ると
uio4 の name が axi_intc-uio
uio5 の name が axi_vdma-uio
uio6 の name が gaussian_filter_axis-uio
uio7 の name が median_filter_axis-uio
uio8 の name が mipi_csi2_rx_subsyst-uio
uio9 の name が sobel_filter_axis-uio
uio10 の name が v_demosaic-uio
uio11 の name が v_gamma_lut-uio
uio12 の name が v_tc-uio
だった。
  1. 2021年12月04日 13:27 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5428-db029677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)