FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO Z7-20 の PYNQ 2.7 上で Jupyter Notebook に画像を表示する9
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO Z7-20 の PYNQ 2.7 上で Jupyter Notebook に画像を表示する9

ZYBO Z7-20 の PYNQ 2.7 上で Jupyter Notebook に画像を表示する8”の続き。

Jupyter Notebook にカメラ画像を表示しようということで、前回は、axis2DMA4dwc IP のアドレスを 32 ビット・アドレスに変更し、Vivado で論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行った。その後 Jupyter Notebook で動作を確認したところ、Jupyter Notebook に画像を表示できたが、色が違っていた。今回は、色の違いを修正するために、Red と Blue を入れ替えたところ、正常な色になった。

ブロック・デザインで、axis_subset_converter_2 を設定する。
ZYBO_Z7_PYNQ_241_220830.png

Extra Settings の TDATA Remap String を tdata[23:0] から tdata[7:0],tdata[15:8],tdata[23:16] に変更した。
つまり、最上位 8 ビットと最下位 8 ビットを入れ替えた。
ZYBO_Z7_PYNQ_242_220830.png

これで論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行った。
Project Sumarry を示す。
ZYBO_Z7_PYNQ_243_220830.png

ホスト・パソコンのブラウザで http://192.168.3.35:9090/tree/my_project を表示した。

cam_disp.bit と cam_disp.hwh を削除した。

cam_disp/cam_disp.runs/impl_1/cam_disp_bd_wrapper.bit と cam_disp/cam_disp.gen/sources_1/bd/cam_disp_bd/hw_handoff/cam_disp_bd.hwh をアップロードした。

cam_disp_bd_wrapper.bit と cam_disp_bd.hwh の名前を cam_disp.bit と cam_disp.hwh に変更した。

cam_disp.ipynb を コピー & ペーストして、cam_disp_org.ipynb と名前を変更した。

Jupyte Notebook を実行していくと、カメラ画像を表示することができた。色も正常だ。
ZYBO_Z7_PYNQ_244_220830.png

どうやら色は BGR にする必要があるようだ。
  1. 2022年08月31日 05:27 |
  2. PYNQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5692-b7f9d192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)