FC2カウンター FPGAの部屋 Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間走行する2(Vivado 2022.2 の Zybot_222 プロジェクト)
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間走行する2(Vivado 2022.2 の Zybot_222 プロジェクト)

Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間走行する1”の続き。

今回は、”Zybot による障害物回避”のハードウエアを Vivado 2022.2 に変換して、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行ったところ、タイミング・エラーが発生した。

Zybot による障害物回避”のハードウエアを Vivado 2022.2 に変換した ZYBOt_222 プロジェクトを示す。
Zybot2_1_221214.png

ZYBOt ブロック・デザインを示す。
Zybot2_2_221214.png
Zybot2_3_221214.png

Address Editor を示す。
Zybot2_4_221214.png

camera_interface 階層モジュールを示す。
Zybot2_5_221214.png

ここにガボール・フィルタが実装されている。

PmodHB5_inf_left 階層モジュールを示す。これは、左車輪の Hブリッジ駆動用 PWM IP などがある。
Zybot2_6_221214.png

PmodHB5_inf_right 階層モジュールを示す。これは、右車輪の Hブリッジ駆動用 PWM IP などがある。
Zybot2_7_221214.png

usonic_sensor_inf 階層モジュールを示す。これは超音波距離測定器用モジュールとなっている。
Zybot2_8_221214.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行ったところ、タイミング・エラーが発生した。
Zybot2_9_221214.png

タイミング・エラーは Intra-Clock Paths の clk_fpga0 で発生していた。
ガボール・フィルタ IP 内のタイミングのようだ。。。
Zybot2_10_221214.png

ガボール・フィルタ IP をもう一度高位合成しなおそう。。。
  1. 2022年12月14日 04:37 |
  2. Zybot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5794-320aaee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)