FC2カウンター FPGAの部屋 Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間走行する6(Vitis 2022.2 でアプリケーション・ソフトを作成)
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間走行する6(Vitis 2022.2 でアプリケーション・ソフトを作成)

Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間走行する5(Gabor_Filter_lh_2 IP を ZYBOt_222 プロジェクトで使用する)”の続き。

Zybot でガボール・フィルタを使用して白線間を走行させたいと思っているということで、前回は、Vitis HLS 2022.2 で作成した Gabor_Filter_lh_2 プロジェクトを Vivado 2022.2 の ZYBOt_222 プロジェクトのブロック・デザインに入れて、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、成功した。今回は、Vivado 2022.2 でハードウエアをエクスポートして、Vitis でプラットフォームとアプリケーション・ソフトウエアを作成しようとするが、まだ途中だ。

Vivado 2022.2 でハードウエアをエクスポートした。
ZYBOt_wrapper.xsa が生成された。
Zybot2_28_221219.png

Vivado から Vitis 2022.2 を起動して、プラットフォームと wl_tracking_gabor_bm アプリケーション・プロジェクトを作成した。
Zybot2_29_221219.png

アプリケーション・ソフトウエアとして、wl_tracking_gabor_bm.c を作成したが、まだ変更の途中だ。
Zybotのカメラによる白線追従走行”の wl_tracking.cpp を Linux アプリケーションからベアメタル・アプリケーションにコードを変更中だ。
Zybot2_30_221219.png

なお、”Zybotのカメラによる白線追従走行”のときに使用していた Zybot はバッテリーがダメになってしまったようので、バッテリーだけを購入したので、今日届くはず。。。
Zybot2_31_221219.jpg
  1. 2022年12月19日 05:25 |
  2. Zybot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5798-2e980195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)