FC2カウンター FPGAの部屋 KR260 の kr260_custom アクセラレーション・プラットホームにいろいろな IP を追加する1
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

KR260 の kr260_custom アクセラレーション・プラットホームにいろいろな IP を追加する1

KR260 の kr260_custom アクセラレーション・プラットホームにいろいろな IP を追加してみようということで、今回は、の multi_axi4ls と DMA_pow2、そして、Xilinx 社の IP の axi timer、axi dma を Vivado 2022.1 の kr260_custom プロジェクトに追加する。

”RPi+PMOD Connector GPIO with Custom PL Design in Kria KR260”をやってみる1”を参照してやっていく。

Vitis HLS 2022.1 で KR260 用の multi_axi4ls IP を作成する”の multi_axi4ls IP を追加する。
kr260_custom プロジェクトのディレクトリに multi_axi4ls ディレクトリを新規作成した。
KR260/multi_axi4ls/solution1/impl/export.zip を展開して、multi_axi4ls ディレクトリにファイルをコピーした。
KR260_291_230302.png

DMA_pow2 を Kria-PYNQ の jupyter Notebook で動作させる1(DMA pow2 IP を Vitis HLS で作成する)”の DMA_pow2 IP を追加する。
kr260_custom プロジェクトのディレクトリに DMA_pow2 ディレクトリを新規作成した。
KIRA_KV260/DMA_pow2/solution1/impl/export.zip を展開して、multi_axi4ls ディレクトリにファイルをコピーした。
なお、この IP は KV260 の IP だが、FPGA パーツが KR260 と同じ xck26-sfvc784-2LV-c なので、IP を共用できる。
KR260_292_230302.png

multi_axi4ls IP と DMA_pow2 IP を追加するために Vivado 2022.1 の Flow Navigator から IP Catalog をクリックし、IP Catalog を表示させた。
IP Catalog 内で右クリックし右クリックメニューから Add Repository... を選択して、multi_axi4ls IP と DMA_pow2 IP を IP Catalog に追加した。
KR260_293_230302.png

kr260_bd ブロック・デザインの zynq_ultra_ps_e_0 をダブルクリックして、設定を変更する。
Page Navigator から PS-PL Configuration をクリックする。
PS-PL Interface -> Slave Interface -> AXI HPC0 FPD のチェックボックスをチェックした。
KR260_294_230302.png

Platform Setup ウインドウで、M_AXI_HPM0_FPD のチェックボックスのチェックを外した。
M_AXI_HPM0_FPD はブロック・デザインで使用する。
KR260_295_230302.png

multi_axi4ls IP と DMA_pow2 IP、それに Xilinx 社の IP から axi_timer と axi_dma IP を kr260_bd ブロック・デザインに追加して配線した。
KR260_296_230302.png

axi_dma の設定を示す。
Enable Scatter Gather Engine のチェックを外した。
KR260_297_230302.png

axi_timer の設定はデフォルトのままとした。

Address Editor 画面を示す。
KR260_298_230302.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行った。
KR260_299_230302.png

Project Summary を示す。
KR260_300_230302.png

KR260/kr260_custom_platform/kr260_custom/kr260_custom.runs/impl_1 ディレクトリに kr260_bd_wrapper.bin と kr260_bd_wrapper.bit が再生成された。
KR260_301_230302.png

KR260 で Vitis アクセラレーション・プラットフォームを作成する3”に書いてあるようにハードウェアをエクスポートした。

File メニューから Export -> Export Platform... を選択する。
Export Hardware Platform ダイアログが開く。
Next > ボタンをクリックする。

Platform Type 画面では、Hardware ラジオボタンをクリックしてあることを確認した。
Next > ボタンをクリックする。

Platform State 画面では Pre-synthesis のラジオボタンがクリックされていることを確認し、Include bitstream のチェックボックスをチェックする。

Platform Properties 画面では、Name に kr260_custom_platform と入力されていることを確認した。
Next > ボタンをクリックする。

Output File 画面では、XSA file name に kr260_custom と入力した。
Next > ボタンをクリックする。

kr260_custom.xsa ファイルが再生成された。
KR260_302_230302.png
  1. 2023年03月02日 05:04 |
  2. KR260
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5866-ad803fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)