FC2カウンター FPGAの部屋 KR260 で DisplayPort にカメラ画像を出力する Vitis アクセラレーション・プラットホームを作成する9
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

KR260 で DisplayPort にカメラ画像を出力する Vitis アクセラレーション・プラットホームを作成する9

KR260 で DisplayPort にカメラ画像を出力する Vitis アクセラレーション・プラットホームを作成する8”の続き。

今までやってきた KR260 の Vitis アクセラレーション・プラットホーム作成を踏まえて、DisplayPort にカメラ画像を出力する Vitis アクセラレーション・プラットホームを作成しようということで、前回は、Vitis ディレクトリ構造を作成して、xsct を使用したデバイスツリー・オーバレイを作成し、pl.dtsi 上の動作させる IP の compatible を generic-uio に変更して、コンパイルして pl.dtbo を生成した。今回は、Vitis 2022.1 を立ち上げて kr260_cam_disp プラットフォームを作成し、kr260_vadd アプリケーション・プロジェクトを作成し、ビルドを行って成功した。Vivado のプロジェクトの kr260_bd ブロック・デザインを確認した。

KR260 で Vitis アクセラレーション・プラットフォームを作成する7”と”KR260 で Vitis アクセラレーション・プラットフォームを作成する8”を参照した。

すでに source /media/masaaki/Ubuntu_Disk/tools/Xilinx/Vitis/2022.1/settings64.sh は実行済みだ。

vitis &
で Vitis 2022.1 を起動した。

Vitis IDE Launcher ダイアログが表示された。
Workspace に KR260/kr260_cam_disp_platform/kr260_cam_disp_platform を指定した。
Launch ボタンをクリックした。

Vitis 2022.1 が立ち上がった。
Create Platform Project をクリックして、プラットフォーム・プロジェクトを作成する。

New Platform Project ダイアログの Create new platform project 画面が開く。
Platform project name に kr260_cam_disp と入力した。
Next > ボタンをクリックする。
kr260_cam_disp_79_230415.png

Platform 画面
Hardware Specification の XSA File に /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KR260/kr260_cam_disp_platform/kr260_cam_disp/kr260_cam_disp.xsa を指定した。
Software Specification の Operating system には linux を、Processor には psu_cortexa53 を指定した。
Finish ボタンをクリックする。
kr260_cam_disp_80_230415.png

kr260_cam_disp プラットフォーム・プロジェクトが作成された。
platform.spr で、kr260_cam_disp -> psu_cortexa53 -> linux on psu_cortexa53 をクリックして選択する。
Bif File: の Browse... の右端の下向き三角をクリックし、Generate Bif を選択する。

Boot Components Directory: に /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KR260/kr260_cam_disp_platform/kr260_cam_disp_platform/pfm/boot を指定した。
FAT32 Partition Directory: に /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KR260/kr260_cam_disp_platform/kr260_cam_disp_platform/pfm/sd_dir を指定した。
トンカチ・ボタンをクリックして、ビルドを行った。
kr260_cam_disp_81_230415.png

Explorer の export -> kr260_cam_disp プラットフォームが生成された
その下に hw と sw ディレクトリが生成されている。
kr260_cam_disp_82_230415.png

kr260_cam_disp_83_230415.png

Vitis 2022.1 でアプリケーション・プロジェクトを作成する。
Vitis 2022.1 で File メニューから New -> Application Project... を選択してアプリケーション・プロジェクトを新規作成する。
New Application Project ダイアログの Create a New Application Project 画面が開く。
Next > ボタンをクリックする。

Platform 画面
kr260_cam_disp プラットフォームを選択する。
Next > ボタンをクリックする。
kr260_cam_disp_84_230415.png

Application Project Details 画面
Application project name: に kr260_vadd と入力する。
Next > ボタンをクリックする。
kr260_cam_disp_85_230415.png

Domain 画面
Application settings を入力する。
Sysroot paht: に /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KR260/kr260_cam_disp_platform/kr260_cam_disp_platform/sysroots/cortexa72-cortexa53-xilinx-linux を入力する。
Root FS: に /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KR260/kr260_cam_disp_platform/linux_os/images/linux/rootfs.ext4 を入力する。
Kernel Image: に /media/masaaki/Ubuntu_Disk/KR260/kr260_cam_disp_platform/linux_os/images/linux/Image を入力する。
Next > ボタンをクリックする。
kr260_cam_disp_86_230415.png

Template 画面
Simple Vector Addition を選択する。
Finish ボタンをクリックする。
kr260_cam_disp_87_230415.png

Explorer で kr260_vadd_system を選択し、Active build configuration: で Hardware を選択して、トンカチ・ボタンをクリックしてビルドを行った。
kr260_cam_disp_88_230415.png

ビルドに成功した。
kr260_cam_disp_89_230415.png

ビルド後の Vivado プロジェクトを見てみよう。
Vivado プロジェクトは KR260/kr260_cam_disp_platform/kr260_cam_disp_platform/kr260_vadd_system_hw_link/Hardware/binary_container_1.build/link/vivado/vpl/prj に作成されていた。
kr260_cam_disp_90_230415.png

Vivado 2022.1 を起動して、プロジェクトを読み込んだ。
ブロック・デザインを示す。
camera、display 階層モジュールもブロック・デザイン内に実装されている。
kr260_cam_disp_91_230415.png

中心部を拡大した。
kr260_cam_disp_93_230415.png

Address Editor 画面を示す。
kr260_cam_disp_92_230415.png
  1. 2023年04月16日 04:25 |
  2. KR260
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/5909-2580d8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)