FC2カウンター FPGAの部屋 ”Getting Started with PYNQ and the ZUBoard”をやってみる2
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”Getting Started with PYNQ and the ZUBoard”をやってみる2

Adam Taylor さんの”Getting Started with PYNQ and the ZUBoard”をやってみようということで、前回は、PYNQ の github リポジトリを git clone して、PYNQ リポジトリの下の boards/ip/hls ディレクトリに行って、build_ip.sh を実行して、Vitis HLS の IP を生成した。Vivado 2023.1 で test_pattarn_gen プロジェクトを作成し、生成した IP を IP Catlog に登録した。今回は、前回、生成した IP を使用してテスト・パターン・ジェネレーターのブロック・デザインを作成した。次に、Video Test Pattern Generator と AXI Video Direct Memory Access を Add IP して、自動配線を行った。

Adam Taylor さんの”Getting Started with PYNQ and the ZUBoard”のやり方を引用しているが、自分のやり方も加味している。

Vivado 2023.1 で Flow Navigator から IP INTEGRATOR -> Create Block Design をクリックして、ブロック・デザインを作成する。
Create Block Design ダイアログが開くので、Design Name に tpg_bd と入力して、OK ボタンをクリックした。
zub1cg_pynq_70_230805.png

Diagram ウインドウが表示されるので、真ん中の + ボタンをクリックして、Zynq UltraScale+ MPSoC を追加する。
zub1cg_pynq_71_230805.png

IP を選択するダイアログが表示された。
Search: に z と入力して、Zynq UltraScale+ MPSoC をダブル・クリックして追加した。
zub1cg_pynq_72_230805.png

Zynq UltraScale+ MPSoC が追加された。
zub1cg_pynq_73_230805.png

Run Block Automation をクリックして、設定を行う。
Run Block Automation ダイアログが表示された。
OK ボタンをクリックする。
zub1cg_pynq_74_230805.png

ZUBoard 1CG の設定が Zynq UltraScale+ MPSoC に設定された。
zub1cg_pynq_75_230805.png

Zynq UltraScale+ MPSoC をダブル・クリックして設定を行う。
Page Navigator から PS-PL Configuration を選択する。
General -> Interrupts -> PL to PS -> IRQ0[0-7] の Select を 1 にして、割り込みの設定を行った。
PS-PL Interface -> Master Interface -> AXI HPM1 FPD のチェックボックスのチェックを外した。
PS-PL Interface -> Slave Interface -> AXI HP -> AXI HPC0 FPD のチェックボックスのチェックを入れた。
zub1cg_pynq_76_230805.png

現在の Zynq UltraScale+ MPSoC を示す。
zub1cg_pynq_77_230805.png

+ ボタンをクリックして Video Test Pattern Generator を追加した。
zub1cg_pynq_78_230805.png

Video Test Pattern Generator をダブル・クリックして設定を行った。
Samples per Clock2 に変更した。
zub1cg_pynq_79_230805.png

+ ボタンをクリックして AXI Video Direct Memory Access を Add IP した。
AXI Video Direct Memory Access をダブル・クリックして、設定を行い、Enable Read Channel のチェックボックスのチェックを外した。
zub1cg_pynq_80_230805.png

Run Connection Automation をクリックして、自動配線を行う。
Run Connection Automation ダイアログが開く。
All Automation をクリックして、自動配線を行う。
zub1cg_pynq_82_230805.png

現在のブロック・デザインを示す。
zub1cg_pynq_83_230805.png
  1. 2023年08月05日 15:01 |
  2. ZUBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6004-df4bc643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)