FC2カウンター FPGAの部屋 AXI4-Stream Data Width Converter のバイト・レーン変換を確認する1
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AXI4-Stream Data Width Converter のバイト・レーン変換を確認する1

ZUBoard 1CG の PYNQ v3.0.1 で自作のガウシアン・フィルタ、メディアン・フィルタとソーベル・フィルタを動作させる3”でガウシアン・フィルタの動作を確認できたが、ファイルをロードした 4 バイトのデータは AXI4-Stream Data Width Converter で 4 バイトを 3 バイトに変換してガウシアン・フィルタに入力されている。
このバイト変換は”PYNQ の画像ファイル・フォーマットを調査するために choose_RGB IP を Vitis HLS 2021.2 で作成する8”で解析して、4 バイトのデータが OpenCV の MAT 形式であることは確認してある。(MAT 形式のフォーマットについては、”Vitis Vision Library の AXI4 Master インターフェース版 medianblur をZYBO Z7-20 で使ってみる1(準備編)”を参照)
しかし、”PYNQ の画像ファイル・フォーマットを調査するために choose_RGB IP を Vitis HLS 2021.2 で作成する8”では、4 バイトを 3 バイトに変換した後についての検証が足りなかったので、もう一度、”ZUBoard 1CG の PYNQ v3.0.1 で自作のガウシアン・フィルタ、メディアン・フィルタとソーベル・フィルタを動作させる3”のハードウェアで検証してみよう。

まずは、色が単一の画像ファイルを作成する。
JPEG ファイルが無難だが、画像圧縮されていて、完全にはもとに戻らないので、PNG ファイルを作成してみる。

Ubuntu 22.04 の Pinta アプリケーションで、800 x 600 ピクセルの画像を新規作成する。
パレットからプライマリー色を右クリックすると”プライマリ色の選択”ダイアログが表示される。
赤を 0、緑を 0、青を 255 に変更する。これで青一色の画像になる。
zub1cg_pynq_204_230827.png

プライマリー色をペイント缶で画像全体に適用すると青一色の画像になった。
zub1cg_pynq_205_230827.png

これを blue.png に保存した。

同様に、”プライマリ色の選択”ダイアログで、赤を 255、緑を 0、青を 0 にして、ペイント缶で画像に適用した。
この画像を red.png として、保存した。
zub1cg_pynq_206_230827.png

同様に、”プライマリ色の選択”ダイアログで、赤を 0、緑を 255、青を 0 にして、ペイント缶で画像に適用した。
この画像を green.png として、保存した。
zub1cg_pynq_207_230827.png

今日は寝坊してしまったので、ここまでとする。
  1. 2023年08月28日 05:23 |
  2. IP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6025-e2fef8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)