FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado 2023.1 の Run Linter を試す
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2023.1 の Run Linter を試す

最近、Vivado 2023.1 の Flow Navigator に RTL ANALYSIS -> Run Linter 項目が増えているのに気が付いた。
これは、Vivado に lint 機能が追加されたのだろう?ということで試してみることにした。

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: Vivado IDE の使用 (UG893) 2023.1 日本語”の Run Linter 機能の説明を引用する。

[Run Linter] は、2023.1 で追加された新しい機能で、RTL デザイン コードを解析し、違反の詳細レポートを提供します。[Run Linter] をクリックすると、Vivado で自動的に RTL ソース ファイルのチェックとコンパイルが実行され、Linter ウィンドウが開いて詳細なレポートが提供されます。


さて、現在使用している、Viavado 2023.1 の i3filters プロジェクトで RTL Linter を使ってみよう。

Flow Navigator で RTL ANALYSIS -> Run Linter をクリックする。
Vivado_linter_1_230831.png

Run Linter ダイアログが表示されて、lint を行っているようだ。
Vivado_linter_2_230831.png

Linter ウインドウが表示された。
Vivado_linter_3_230831.png

Linter ウインドウで、最初の ASSIGN-5 の NLW_xbar_m_axi_wstrb_UNCONNECTED を見てみよう。
メッセージでは、最初に接続されていないのは bit 4 だそうだ。
File Name の i3filters.v : 1168 をクリックした。
i3fitlers.v が表示され、NLW_xbar_m_axi_wstrb_UNCONNECTED が宣言されている 1168 行がハイライトされた。
Vivado_linter_4_230831.png

NLW_xbar_m_axi_wstrb_UNCONNECTED を検索してみると、もう一箇所のみ見つけることができた。
1509 行で NLW_xbar_m_axi_wstrb_UNCONNECTED[3:0] のみ使用されている。その他のビットは使用されていないようだ。
Vivado_linter_5_230831.png

Vivado 2023.1 の lint 機能を確かめることができた。
  1. 2023年09月01日 05:04 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6029-230b2abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)