FC2カウンター FPGAの部屋 Vitis Unified IDE 2023.2 でアンシャープマスクキング・フィルタの unsharp_masking_axis_RGB24 を実装する2
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis Unified IDE 2023.2 でアンシャープマスクキング・フィルタの unsharp_masking_axis_RGB24 を実装する2

Vitis Unified IDE 2023.2 でアンシャープマスクキング・フィルタの unsharp_masking_axis_RGB24 を実装する1”の続き。

以前にもアンシャープマスキング・フィルタを実装したことがあったが、実装し直すことにしたということで、前回は、Vitis Unified IDE 2023.2 で ZUBoard 1CG 用のアンシャープマスクキング・フィルタの unsharp_masking_axis_RGB24 プロジェクトと作成し、ソースコードとテストベンチを書いた。今回は、C シミュレーション、C コードの合成、C/RTL 協調シミュレーション、Package、Implementation を行った。

FLOW の C SIMULATION -> Run をクリックすると C Simulation が実行され、成功した。
zub1cg_i7filters_84_231125.png

unsharp_masking_axis_RGB24 プロジェクトのディレクトリの下に unsharp_masking_axis_RGB24 ディレクトリが生成され、その下の hls ディレクトリの下に csim ディレクトリが生成されている。
csim/build ディレクトリを見ると、unsharp_masking.jpg と org_image.jpg が生成されていた。
zub1cg_i7filters_85_231125.png

原画像の org_image.jpg に対して、unsharp_masking.jpg は画像がシャープになっているのが分かる。
zub1cg_i7filters_86_231125.jpg

FLOW の C SYNTHESIS -> Run をクリックして、C コードの合成を行って成功した。
zub1cg_i7filters_87_231125.png

FLOW の C SYNTHESIS -> REPORTS -> Synthesis を表示した。
zub1cg_i7filters_88_231125.png
zub1cg_i7filters_89_231125.png

レイテンシは 2073615 クロックで問題無さそうだ。

C/RTL 協調シミュレーションを行う。
VITIS COMPONETENTS -> unsharp_masking_axis_RGB24 -> Settings -> hls_config.cfg をクリックして、設定画面を表示した。
C/RTL Cosimulationldflags-L/usr/local/lib -lopencv_core -lopencv_imgcodecs -lopencv_imgproc を指定した。
trace_level を port にした。

FLOW -> C/RTL COSIMULATION -> Run をクリックして、C/RTL 協調シミュレーションを行ったところ終了しなかった。
強制終了して、設定を変更した。
hls_config.cfg の C/RTL Cosimulation の wave_debug にチェックを入れて、もう一度 C/RTL COSIMULATION -> Run をクリックした。
Vivado が起動して、RTL シミュレーションを行って終了した。
zub1cg_i7filters_90_231125.png

unsharp_masking_axis_RGB24.wcfg タブをクリックし、波形を表示した。
全体波形を示す。
zub1cg_i7filters_91_231125.png

C/RTL 協調シミュレーションが終了し、成功した。
zub1cg_i7filters_92_231125.png

Cosimulation をクリックした。
レイテンシは 480011 クロックだった。問題無さそうだ。
zub1cg_i7filters_93_231125.png

Package を行う。
FLOW -> PACKAGE -> Run をクリックして、Package を行って成功した。
zub1cg_i7filters_94_231125.png

Implementation を行う。
FLOW -> IMPLEMENTATION -> Run をクリックした。
Implementation が終了し、成功した。

Place and Route をクリックした。
CP achieved post-implementation も 7.001 ns で問題無さそうだ。
zub1cg_i7filters_95_231125.png
  1. 2023年11月27日 03:44 |
  2. Vitis HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6107-4edd6a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)