FC2カウンター FPGAの部屋 Vitis Unified IDE 2023.2 でラプラシアン・フィルタの laplacian_axis_RGB24 を実装する2
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis Unified IDE 2023.2 でラプラシアン・フィルタの laplacian_axis_RGB24 を実装する2

Vitis Unified IDE 2023.2 でラプラシアン・フィルタの laplacian_axis_RGB24 を実装する1”の続き。

ラプラシアン・フィルタもたくさん実装しているが、改めて実装してみるということで、前回は、Vitis Unified IDE 2023.2 で ZUBoard 1CG 用のラプラシアン・フィルタの laplacian_axis_RGB24 プロジェクトと作成し、ソースコードとテストベンチを書いた。今回は、C シミュレーション、C コードの合成、C/RTL 協調シミュレーション、Package、Implementation を行った。

FLOW の C SIMULATION -> Run をクリックすると C Simulation が実行され、成功した。
zub1cg_i7filters_98_231129.png

laplacian_axis_RGB24 プロジェクトのディレクトリの下に laplacian_axis_RGB24 ディレクトリが生成され、その下の hls ディレクトリの下に csim ディレクトリが生成されている。
csim/build ディレクトリを見ると、laplacian.jpg と org_image.jpg が生成されていた。
zub1cg_i7filters_99_231129.png

laplacian.jpg を示す。
zub1cg_i7filters_100_231129.jpg

FLOW の C SYNTHESIS -> Run をクリックして、C コードの合成を行って成功した。
zub1cg_i7filters_101_231129.png

FLOW の C SYNTHESIS -> REPORTS -> Synthesis を表示した。
zub1cg_i7filters_102_231129.png
zub1cg_i7filters_103_231129.png

レイテンシは 2073616 クロックで問題無さそうだ。

C/RTL 協調シミュレーションを行う。
VITIS COMPONETENTS -> laplacian_axis_RGB24 -> Settings -> hls_config.cfg をクリックして、設定画面を表示した。
C/RTL Cosimulationldflags-L/usr/local/lib -lopencv_core -lopencv_imgcodecs -lopencv_imgproc を指定した。
C/RTL Cosimulation の trace_levelport にした。
C/RTL Cosimulation の wave_debug にチェックを入れた。

FLOW -> C/RTL COSIMULATION -> Run をクリックして、C/RTL 協調シミュレーションを行った。
Vivado が起動して、RTL シミュレーションを行って終了した。
zub1cg_i7filters_104_231129.png

laplacian_axis_RGB24.wcfg タブをクリックし、波形を表示した。
全体波形を示す。
zub1cg_i7filters_105_231129.png

C/RTL 協調シミュレーションが終了し、成功した。
zub1cg_i7filters_106_231129.png

Cosimulation をクリックした。
レイテンシは 480017 クロックだった。問題無さそうだ。
zub1cg_i7filters_107_231129.png

Package を行う。
FLOW -> PACKAGE -> Run をクリックして、Package を行って成功した。
zub1cg_i7filters_108_231129.png

laplacian_axis_RGB24/laplacian_axis_RGB24/hls/impl/ip が生成されて、その中に ZIP ファイルとして、xilinx_com_hls_laplacian_axis_RGB24_1_0.zip が生成された。
zub1cg_i7filters_109_231129.png

Implementation を行う。
FLOW -> IMPLEMENTATION -> Run をクリックした。
Implementation が終了し、成功した。
zub1cg_i7filters_110_231129.png

Place and Route をクリックした。
CP achieved post-implementation も 5.551 ns で問題無さそうだ。
zub1cg_i7filters_111_231129.png
  1. 2023年11月29日 04:38 |
  2. Vitis HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6109-dd01dc45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)