FC2カウンター FPGAの部屋 ZUBoard 1CG の PYNQ v3.0.1 で自作の 10 個のフィルタを動作させる5
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZUBoard 1CG の PYNQ v3.0.1 で自作の 10 個のフィルタを動作させる5

ZUBoard 1CG の PYNQ v3.0.1 で自作の 10 個のフィルタを動作させる4”の続き。

今まで Vitis HLS で作成したすべてのフィルタを実装したいということで、前回は、Jupyter Notebook のファイル i10filters.ipynb を編集して、average_axis_RGB24, edge_enhancement_axis_RGB24, laplacian_axis_RGB24, min_max_axis_RGB24, unsharp_masking_axis_RGB24 ディレクトリを作成し、average_axis_RGB24, edge_enhancement_axis_RGB24, laplacian_axis_RGB24, min_max_axis_RGB24, unsharp_masking_axis_RGB24 の各 IP の Python コードを追加した。平均化フィルタ(average_axis_RGB24)のみをアクティブにした。今回は、平均化フィルタを掛けた画像にラプラシアン・フィルタを掛けた。また、原画像、メディアン・フィルタ、最小値フィルタのラプラシアン・フィルタ処理結果を示した。

現在は平均化フィルタを掛けてあるのだが、その画像にラプラシアン・フィルタを掛ける。
ラプラシアン・フィルタを有効にした。
i10filters_29_231208.jpg

ほとんどノイズが取れているが完全に除去できているわけではないようだ。

平均化フィルタを無効にして、ラプラシアン・フィルタを掛ける。
平均化フィルタを無効にした。
i10filters_30_231208.jpg

これで、何もフィルタが掛かっていない状態、つまり現画像のラプラシアン・フィルタ処理後の画像を示す。
i10filters_31_231208.jpg

やはりノイズがひどい。

メディアン・フィルタを有効にした画像にラプラシアン・フィルタを掛ける。
メディアン・フィルタを有効化した。
i10filters_32_231208.jpg

ラプラシアン・フィルタ処理画像を示す。
i10filters_33_231208.jpg

やはり、メディアン・フィルタで処理するときれいにノイズが除去されている。

メディアン・フィルタを無効化し、最小値フィルタを有効化して、ラプラシアン・フィルタを掛けてみよう。
メディアン・フィルタを無効化し、最小値フィルタを有効化した。
i10filters_37_231208.jpg

ラプラシアン・フィルタ処理画像を示す。
i10filters_34_231208.jpg

ノイズが大きくなっている。しかし、黒いパソコンのボディ部分はノイズが除去されている。

最小値フィルタから最大値フィルタに変更した。
i10filters_35_231208.jpg

ラプラシアン・フィルタ処理画像を示す。
i10filters_36_231208.jpg

最小値フィルタのときとノイズが似ているが、現画像で白い部分はノイズが無くなっている。最大値フィルタだからね。。。
  1. 2023年12月08日 04:47 |
  2. ZUBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6118-3a85e9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)