FC2カウンター FPGAの部屋 Windows 11 の Efinity で helloworld チュートリアルをやってみる1
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Windows 11 の Efinity で helloworld チュートリアルをやってみる1

Efinity® Trion® Tutorial UG-EFN-TUTORIAL-v7.0 August 2022”を参照して、helloworld チュートリアルをやってみよう。
今回は、”3.0 Run the Flow”の”3.1 RTL Simulation”を行った。

Windows 11 の Efinity を使用する。
Efinity の環境を整えて、ファイルをコピーしよう。

Windows 11 の検索ウインドウに”コマンドプロンプト”と入力して、コマンドプロンプトを起動した。
C:\Efinity\2023.2 に移動した。
cd C:\Efinity\2023.2
以下のコマンドを実行した。
bin\setup.bat
cd project
md tutorial
xcopy helloworld tutorial\helloworld\
cd tutorial\helloworld

Efinity_80_240317.png

Windows メニューから Efinity 2023.2 を起動した。
Efinity Software の File メニューから Create Project... を選択した。
Efinity_81_240317.png

Create New Project ダイアログが表示された。
Name に helloworld と入力した。
Location のフォルダ・アイコンをクリックし、C:\Efinity\2023.2\project\tutorial\helloworld を選択した。
Description に”My helloworld example project.”と入力した。
Family はデフォルトで Trion だった。
Device もデフォルトで T8F81 だった。
Efinity_82_240317.png

Design タブをクリックした。
Top Module/Entity に helloworld を入力した。
Import Design and constraint files ボタンをクリックした。
Efinity_96_240317.png

Import Directory Files ダイアログが表示された。
C:\Efinity\2023.2\project\tutorial フォルダに行って、helloworld フォルダを選択した。
File To Import で ALL Files ラジオボタンを選択していることを確認した。
Choose ボタンをクリックした。
Efinity_83_240317.png

helloworld_tb.v テストベンチ・ファイルを選択し、Delete selected design file ボタンをクリックして削除した。
Efinity_84_240317.png

helloworld_tb.v テストベンチ・ファイルが削除された。
OK ボタンをクリックした。
Efinity_97_240317.png

次に Icarus Verilog を使用して、RTL シミュレーションを行う。
helloworld_tb.v に VCD ファイルに出力する記述があることを確認した。
Efinity_86_240317.png

コマンドプロンプトのフォルダが c:\Efinity\2023.2\project\tutorial\helloworld フォルダであることを確認する。
efx_run.bat helloworld.xml --flow rtlsim
エラーのようだった。
Efinity_87_240317.png

outflow\helloworld.log ログを見ると、どうやら iverlog へのパスが通っていないようだった。
Efinity_88_240317.png

そう言えば、iverilog へのパスを通してなったので、パスを通す。
Windows アイコンを右クリックし、右クリックメニューから”設定”を選択した。
設定ダイアログが表示された。
設定ダイアログで”設定の検索”に”環境変数”を入力した。
検索項目が 2 つ示されるので、そのうちの”環境変数を編集”をクリックした。

環境変数ダイアログが表示された。
ユーザーの環境変数の Path をクリックして、編集ボタンをクリックした。
Efinity_89_240317.png

環境変数の編集画面が開いた。
新規ボタンをクリックし、Icarus Verilog へのパスを追加した。
Efinity_90_240317.png

再度、RTL シミュレーションのコマンドを入力した。
efx_run.bat helloworld.xml --flow rtlsim
今度は成功した。
Efinity_91_240317.png

Efinity Software の File メニューから Open File... を選択した。
Open File ダイアログが表示された。
C:\Efinity\2023.2\project\tutorial\helloworld\outflow\helloworld.rtl.simlog を選択して、開いた。
RTL シミュレーションのログが表示された。
Efinity_92_240317.png

コマンドプロンプトから、次のコマンドを起動して、GTKWave を起動した。
gtkwave outflow/helloworld.vcd

GTKWave GUI が表示された。
sim/dut の信号をすべて追加した。
Efinity_93_240317.png
  1. 2024年03月17日 21:18 |
  2. Efinity IDE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6218-0a5d887c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)