FC2カウンター FPGAの部屋 Xyloni Development Kit を使ってみる12(soc_sap_t8 をやってみる4)
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Xyloni Development Kit を使ってみる12(soc_sap_t8 をやってみる4)

Xyloni Development Kit を使ってみる11(soc_sap_t8 をやってみる3)”の続き。

(2024/04/22:追記) この記事はエラーが出てうまく行きません。うまく行く方法は””XyloniボードへのSapphire SoC実装とファームウエア開発プロジェクトの構築”の”Sapphire SoC の 実装”をやってみる9”を見てください。

Sapphire SoC のサンプルが”Efinix-Inc/xyloni”の”design/soc_sap_t8”の Sapphire SoC for Xyloni にあるので、やってみようとうことで、前回は、Efinity RISC-V Embedded Software IDE を起動して、uartEchoDemo プロジェクトを新規作成した。設定を行って、ビルドを行い成功した。今回は、作成した uartEchoDemo の実行のための準備を進めて、Run Configuration を設定した。

XyloniボードへのSapphire SoC実装とファームウエア開発プロジェクトの構築”の”RUN/DEBUGの設定を行う”を参照して、実行していく。ありがとうございます。

使用してるパソコンの OS は Ubuntu 22.04 だ。

Efinity RISC-V Embedded Software IDE で左の Project Explorer の uartEchoDemo を右クリックし、右クリックメニューから Import... を選択した。
Efinity_160_L240408.png

Import ダイアログが表示された。
Select 画面
Run/Debug を展開して、Launch Configuration を選択した。
Next > ボタンをクリックした。
Efinity_161_L240408.png

Import Launch Configuration 画面
From Directory の Browse... ボタンをクリックした。
Efinity_162_L240408.png

xyloni/design/soc_sap_t8/embedded_sw/sapphire0/config ディレクトリを選択して、”開く”ボタンをクリックした。
Efinity_163_L240408.png

左のウインドウに config が入った。
config のチェックボックスにチェックを入れた。
右のウインドウに 3 つの項目が追加された。
default.launch だけチェックを残して、他の 2 つのチェックを外した。
Finish ボタンをクリックした。
Efinity_164_L240408.png

Efinity RISC-V Embedded Software IDE で左の Project Explorer の uartEchoDemo を右クリックし、右クリックメニューから Run As -> Run Configuration を選択した。
Efinity_165_L240408.png

Run Configuration ダイアログが表示された。
Create, manage, and run configuration 画面

GDB OpenOCD Debugging -> default をクリックした。
Main のタブで Project の Brows... ボタンをクリックした。
Efinity_166_L240408.png

Project Selection ダイアログが表示された。
uartEchoDemo が選択されている。
OK ボタンをクリックした。
Efinity_167_L240408.png

C/C++ Application の Brows... ボタンをクリックした。
Efinity_168_L240408.png

xyloni/design/soc_sap_t8/embedded_sw/sapphire0/software/standalone/uartEchoDemo/build/uartEchoDemo.elf を選択した。
”開く”ボタンをクリックした。
Efinity_169_L240408.png

C/C++ Application にフルパスの uartEchoDemo.elf が入った。
Debugger タブをクリックした。
Efinity_170_L240408.png

Debugger タブ
Config options は cpu0.yaml の記述がないので、そのままとした。
Efinity_171_L240408.png

Startup タブ
Efinity_172_L240408.png

Apply ボタンをクリックした。
  1. 2024年04月08日 04:25 |
  2. Xyloni Development Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/6241-ac00e9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)