FC2カウンター FPGAの部屋 PCI-Xスプリット完了(その後)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PCI-Xスプリット完了(その後)

PCI-Xスプリット完了のバグが解決した。
1つ目の”ホストPCがNMIを受信してしまい、You probably have a hardware problem with your RAM chipsと表示が出る”というのは、パリティが間違っていて、パリティエラーが起こると、この表示が出るようだ。パリティのHDLコードを見直したところ、バグがあったので修正したら、このメッセージは出なくなった。
2つ目の”ダンプデータが0番地(ボードのアクセス番地は4)は0、4番地(ボードのアクセス番地は0)は6、8番地は0、C番地は8。1つおきにデータが取れていない”というのは、スプリット完了の際にアドレスフェーズのAD[6:0]でスプリット応答したときのLow Addressを返していたのだが、よくよく仕様書を読んでみるとDWORD読み出しのときのアドレスフェーズのAD[6:0]は0にしろと書いてあった。それで0のときしかだめだったのか?AD[2]は何か他の事に使っているようだ?0に修正したところ、全部データが読めるようになった。
下の図は、ちゃんと読みだせたときの波形。
pcix_split_completion_071220.png

XカーソルがホストPCからのDWORDリードのアドレス、D8000004だけど、Oカーソルの位置のスプリット完了のアドレスフェーズでは0にした。ちなみにOカーソルのところのデータのうち、Fはタグ番号。

# 1つ目のバグ(パリティ)は、昨日、お風呂に入っているときに思いついた。何気なくしているときやお風呂掃除などをしているときに、ふと解決法について思いつくことがあるのだ。
  1. 2007年12月20日 14:33 |
  2. PCI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/684-6932b1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)