FC2カウンター FPGAの部屋 DVIボードのDDR SDRAMコントローラのテスト
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

DVIボードのDDR SDRAMコントローラのテスト

DVIボードパラレルケーブル4をつないで、PCIバスに入れた。
電源ONする。しばらくして、GRUBのブート画面でESCを押してブートを止めて、FPGAのコンフィギュレーションを始める。
終了したので、CTRL+ALT+DELで再起動、BIOSにPCIコンフィギュレーションをしてもらう。LINUX起動。
cat /proc/pciでPCIの割り当て状況を見ると、DVIボードの必要とするメモリが割り当てられている。すでにデバイス・ドライバは起動時に自動的に入っているので、デバッカを起動。
PCIコンフィギュレーション・レジスタを読む。よしよし、値が読めたここまではOK。
次にDDR SDRAM領域を読む。何だ、何だ、めちゃくちゃ、だめだ。ちょっとは、1発で動くだろうと期待していたのに。やっぱりだめだったか。
昨日は...という状況でした。
今日から16日まで夏休みなので、それが終わったらデバックです。どこが悪いのかわからないけど、とりあえずRead用のクロックがどの位、位相シフトされているのかをChipscopeで確かめないと。

テーマ:拡張ボード - ジャンル:コンピュータ

  1. 2005年08月12日 14:16 |
  2. DDR SDRAMコントローラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/7-fb4586e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)