FC2カウンター FPGAの部屋 家具作り教室で長いす完成
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

家具作り教室で長いす完成

前回は家具作り教室でテーブルを作ったが、昨日は1日中、家具作り教室で長いすを作った。本当は家具作り教室では、1人1作品なのだが、先生のご厚意によりもう1つ作品を作ることが出来た。
最初に板をもらって、サンドペーパーがけから、これが結構重労働、今日は筋肉痛だ。
まずは、テーブルと同様に足から組み立て。ここで、足の角材が曲がった状態で木ねじ止めしてしまった。もう一度はずしてから付け直し。材木を当てて平行を見ながら木ねじ止めしないと斜めの状態でとめてしまうので注意。
午後にはだいぶ出来てきた。天板をつけて完成、、、と思ったら、裏から木ねじでとめているのだが、その座繰りが深すぎてねじの先が天板から出てしまっていた。あ~大失敗。木ねじをとろうとしたら、インパクトドライバで閉めているため木ねじが多数、ねじ切れてしまった。
急遽、バールで板をはがす羽目に。。。
結局、先生にやってもらうことに。。。私がやるときは皿木ねじのための座繰りを入れると、入れすぎてしまうみたいです。座繰りを入れないほうが良いようだ。
一応時間内に完成。
long_chair_081130.jpg

インパクトドライバは横から木ねじを締めるのが簡単だけど、気をつけないと木ねじがインパクトの力で途中で切れてしまう。注意して締めすぎないようにしないといけない。
座繰り穴と先導穴を同時に開けられるドリル刃は使うのが難しいというか、使ったことがなかったので、やりすぎてしまった。ほんの少し、座繰り穴を開ければ良い。もしくは普通のドリルで先導穴だけを開けたほうが良い。
今日は昨日できなかったダボ打ちと磨きをやった。やはり良い木なので、サンドペーパーで磨けば磨くほど滑らかでいい感じに仕上がる。なかなか良い。サンドペーパーがけにはまりそう。
来週で家具作り教室は終了だが、テーブルを塗装しようとして、キシラデコールの白木用を買ってきた。長いすは家の中で使用するので、塗装するかどうか迷っている。塗装するとしたらオイルフィニッシュでやると思う。
  1. 2008年11月30日 17:08 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/965-f36995c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)